Sims 7 days

PC版『The Sims4』の創作Blogです。4つの世帯を中心に、オリジナルストーリーを展開中。※一部BL要素を含みます。

MENU

【Sims4 GB】#20 幸福

f:id:sims7days:20200527005728j:plain
現在は、過去からのプレゼントであるーー

 

 

f:id:sims7days:20200527005449j:plain

ジェシー「セシル!おい、セシル」

 

f:id:sims7days:20200527005453j:plain

ジェシー「いつまで引きこもっているつもりだ?起きろ」

セシル「……」

 

f:id:sims7days:20200527005457j:plain

セシル「……内心、喜んでるクセに」

ジェシー「は?」

 

f:id:sims7days:20200527005502j:plain

セシル「お前、ずっと俺がフラれること望んでいたもんな」

ジェシー「あのな……」

 

f:id:sims7days:20200527005508j:plain

ジェシー「確かに、フラれて俺のものになれば良いとは思っていたけど……別にお前が傷つくことを望んでいたわけじゃない」

 

f:id:sims7days:20200527005513j:plain

ジェシー「好きなもの作ってやるから、さっさと起きろよ」

 

f:id:sims7days:20200527005518j:plain

セシル「……」

 

 

 

 

 

f:id:sims7days:20200527005521j:plain

セシル「……卵が食べたかった」

ジェシー「いい加減、叩くぞ?」

 

f:id:sims7days:20200527005525j:plain

ジェシー「辛いのはわかるけど、終わったことを引きずっていても仕方ない。それより、これからのことを考えようぜ」

セシル「これからのこと?」

 

f:id:sims7days:20200527005529j:plain

ジェシー「そうだ。お前、これからどうするつもりだ?」

 

f:id:sims7days:20200527005532j:plain

セシル「……ここに住む」

ジェシー「それで?」

 

f:id:sims7days:20200527005537j:plain

セシル「……それだけ」

ジェシー「俺は?」

 

f:id:sims7days:20200527005541j:plain

セシル「?……お前もここに住んでいて良いぞ」

ジェシー「俺の家なんだから、当たり前だろう」

 

f:id:sims7days:20200527005545j:plain

ジェシー「そうじゃなくて、俺との『関係』の話だよ」

セシル「……」

 

f:id:sims7days:20200527005548j:plain

ジェシー「俺はまだ恋人(仮)のままか?」

 

f:id:sims7days:20200527005552j:plain

セシル「お前って肩書き気にしないとか言うけど、割と気にしてるよな」

ジェシー「誤魔化すなよ」

 

f:id:sims7days:20200527005556j:plain

セシル「じゃあ……恋人(正式)で」

ジェシー「嫌だ」

 

f:id:sims7days:20200527005600j:plain

セシル「そうかよ……お前まで俺をフルのかよ」

ジェシー「違う」

 

f:id:sims7days:20200527005604j:plain

ジェシー「俺はもう何年も恋人(仮)に甘んじて来たんだぞ?もっと昇格させて欲しい」

セシル「昇格?」

 

f:id:sims7days:20200527005608j:plain

ジェシー「そう。『婚約者』くらいにしてくれないと、納得できない」

 

f:id:sims7days:20200527005611j:plain

セシル「それって、プロポーズか?……色気ねぇな」

ジェシー「お前に言われたくねぇよ」

 

f:id:sims7days:20200527005616j:plain

ジェシー「正式じゃない。ただ、真剣に考えておいて欲しいんだ」

セシル「……わかった」

 

 

 

 

 

f:id:sims7days:20200527005620j:plain

セシル「結婚……か」

 

f:id:sims7days:20200527005624j:plain

そういえば、ジェシーと出会ってもう十年以上経つんだな……。

 

 

 

f:id:sims7days:20200527005629j:plain

初めて出会ったのは、大学の入学式の日だったーー

 

f:id:sims7days:20200527005633j:plain

式をサボってピアノを弾いていたら、どこからともなくあいつが現れた。

 

f:id:sims7days:20200527005636j:plain

ジェシー『それ、なんて曲?』

 

f:id:sims7days:20200527005640j:plain

セシル『……未定だ』

ジェシー『え?』

 

f:id:sims7days:20200527005645j:plain

セシル『作ったばかりだから、曲名なんてない』

 

f:id:sims7days:20200527005648j:plain

ジェシー『今の曲、お前が作ったのか?即興で?』

セシル『……悪いかよ?』

 

f:id:sims7days:20200527005652j:plain

ジェシー『なぁ、俺と組まないか?』

セシル『組む?』

 

f:id:sims7days:20200527005656j:plain

ジェシー『俺はジェシー・カーキ。作詞家を目指してるんだ。お前は?』

 

f:id:sims7days:20200527005700j:plain

セシル『……セシル。セシル・ブラウン』

 

f:id:sims7days:20200527005704j:plain

ジェシー『セシルか。よろしく』

 

 

 

f:id:sims7days:20200527005708j:plain

一緒に曲を作るようになって、大学在学中に売り込んだ曲が当たり、俺たちは音楽で食べて行くことになった。

 

f:id:sims7days:20200527005712j:plain

俺が音楽を生業にできたのは、ジェシーのお陰だーー

 

 

 

f:id:sims7days:20200527005716j:plain

あの日から十数年……。

俺たちは友人であり、パートナーであり、恋人になった。

 

f:id:sims7days:20200527005721j:plain

セシル「……そうか」

 

f:id:sims7days:20200527005725j:plain

セシル「俺の幸せは、いつだってジェシーが与えてくれていたんだな……」

 

 

----------------------------------------

ようやくジェシーの有り難みに気付くセシル。

 

にほんブログ村 ゲームブログ ザ・シムズシリーズへ

やる気スイッチです。応援よろしくお願いしますm(__)m