Sims 7 days

PC版『The Sims4』の創作Blogです。4つの世帯を中心に、オリジナルストーリーを展開中。※一部BL要素を含みます。

MENU

【Sims4 GB】#25 人生

f:id:sims7days:20200617004025j:plain
価値観が一致する人こそ、運命の人であるーー

 

 

 コンコン

 

f:id:sims7days:20200617003718j:plain

 

 ガチャ

 

f:id:sims7days:20200617003722j:plain

ケヴィン「よう、ジェシー・カーキ」

ジェシー「……」

 

f:id:sims7days:20200617003726j:plain

ジェシー「あんた、人の話聞いてなかったのか?」

 

f:id:sims7days:20200617003731j:plain

ケヴィン「聞いてはいたけど、従うとは言ってない」

ジェシー「……」

 

f:id:sims7days:20200617003735j:plain

ジェシー「どうしてここに?」

ケヴィン「絵を届けに来たんだ」

 

f:id:sims7days:20200617003739j:plain

ジェシー「これはこれは、有名な画家の先生が自ら絵を配達してくれるとは」

 

f:id:sims7days:20200617003743j:plain

ジェシー「あんたが配送料も払えないほど貧乏だとは、知らなかった」

 

f:id:sims7days:20200617003747j:plain

ケヴィン「有名な画家の先生が、わざわざ届けてやったんだ。トイレ以外の場所に飾れよ」

 

f:id:sims7days:20200617003750j:plain

ジェシー「一応聞いてはおくけど、従うかはわからない」

ケヴィン「……」

 

f:id:sims7days:20200617003755j:plain

ケヴィン「セシルは?」

ジェシー「シャワー浴びてる」

 

f:id:sims7days:20200617003759j:plain

ケヴィン「そうか……ちょうど良かった」

 

f:id:sims7days:20200617003804j:plain

ジェシー「セシルに会いに来たんじゃないのか?」

 

f:id:sims7days:20200617003809j:plain

ケヴィン「お前に会いに来たんだ」

ジェシー「俺に?本当に絵を届けに来たのかよ」

 

f:id:sims7days:20200617003813j:plain

ジェシー「そもそも……こんなに絵を買った覚えはないぞ」

 

f:id:sims7days:20200617003818j:plain

ケヴィン「婚約祝い」

ジェシー「……え?」

 

 

 

f:id:sims7days:20200617003822j:plain

セシル「ジェシー?誰か来て……」

 

f:id:sims7days:20200617003827j:plain

セシル(ケヴィン?)

 

f:id:sims7days:20200617003831j:plain

セシル(どうしてここに……?)

 

 

 

f:id:sims7days:20200617003834j:plain

ケヴィン「お前の言う通りだよ」

 

f:id:sims7days:20200617003838j:plain

ケヴィン「俺じゃ、セシルを傷つけるばかりで幸せにできない。だから、お前にセシルを幸せにしてほしい」

 

f:id:sims7days:20200617003844j:plain

ジェシー「言われなくても、そうするつもりだ」

 

f:id:sims7days:20200617003849j:plain

ケヴィン「俺は完全に身を引く。ただ、一つお願いがある」

ジェシー「……何だよ?」

 

f:id:sims7days:20200617003853j:plain

ケヴィン「二人が許してくれるなら、セシルとまた友達に戻りたいんだ」

 

f:id:sims7days:20200617003856j:plain

ケヴィン「誰が一番だとか、誰より大事だとか、そんな問題じゃない」

 

f:id:sims7days:20200617003900j:plain

ケヴィン「あいつは……セシルは、俺の人生そのものなんだ」

 

f:id:sims7days:20200617003904j:plain

ケヴィン「どんなに時間がかかっても良い。またいつか、笑って話せる日が来ることを願っている。それだけだ」

 

f:id:sims7days:20200617003907j:plain

ジェシー「……気が向いたら伝えておく」

ケヴィン「ありがとう」

 

f:id:sims7days:20200617003912j:plain

ジェシー「この絵、本当に良いのか?」

ケヴィン「あぁ」

 

f:id:sims7days:20200617003916j:plain

ケヴィン「婚約おめでとう。セシルを頼む」

 

f:id:sims7days:20200617003920j:plain

ジェシー「………………あぁ」

 

 

 

f:id:sims7days:20200617003924j:plain

セシル(そうか……)

 

 

 

 

 

f:id:sims7days:20200617003929j:plain

ケヴィン『セシル、お母さんを亡くして大変だったな』

セシル『……』

 

f:id:sims7days:20200617003933j:plain

ケヴィン『髪の毛、切ったのか?』

 

f:id:sims7days:20200617003936j:plain

セシル『切られたんだ』

ケヴィン『……』

 

f:id:sims7days:20200617003940j:plain

ケヴィン『新しい家はどうだ?お父さんの家、すごいお金持ちなんだろう?』

 

f:id:sims7days:20200617003944j:plain

セシル『あの家……好きじゃない』

ケヴィン『どうして?』

 

f:id:sims7days:20200617003948j:plain

セシル『あの家には、自分の居場所がないんだ』

 

f:id:sims7days:20200617003952j:plain

セシル『毎日、何のために生きているのかわからなくなる……』

ケヴィン『……』

 

f:id:sims7days:20200617003956j:plain

ケヴィン『セシル、お前は俺の親友だ』

セシル『……親友?』

 

f:id:sims7days:20200617004000j:plain

ケヴィン『そうだ。お前の居場所は、あの家じゃない。俺の隣だ』

 

f:id:sims7days:20200617004004j:plain

ケヴィン『お前が生きている意味は、俺の親友でいるためだ』

 

f:id:sims7days:20200617004007j:plain

ケヴィン『俺は、お前の親友でいるために生きる。俺たちは、お互いのために生きるんだ』

セシル『……なんだそれ』

 

f:id:sims7days:20200617004011j:plain

ケヴィン『辛くなったら、俺のところに来れば良い。俺がいる限り、セシルは絶対に一人にはならない』

 

f:id:sims7days:20200617004016j:plain

セシル『……わかった』

 

 

 

 

 

f:id:sims7days:20200617004020j:plain

セシル(俺がケヴィンから離れられなかったのは、あいつこそが俺の存在意義そのものだったからなのか……)



----------------------------------------

ゴールド家の人は、盗み聞きが上手。

  

にほんブログ村 ゲームブログ ザ・シムズシリーズへ

やる気スイッチです。応援よろしくお願いしますm(__)m