Sims 7 days

PC版『The Sims4』の創作Blogです。4つの世帯を中心に、オリジナルストーリーを展開中。※一部BL要素を含みます。

MENU

【Sims4 GB】Epilogue

f:id:sims7days:20200624233635j:plain
幸せは大きいほど、失うことが怖くなるーー

 

 ↓第1話はこちら 

 

 

f:id:sims7days:20200624233407j:plain

ケヴィン「忘れ物はないか?向こうに着いたらちゃんと連絡するんだぞ?」

 

f:id:sims7days:20200624233411j:plain

クロエ「もう、パパ。大丈夫だって」

エマ「本当に心配症なんだから」

 

f:id:sims7days:20200624233416j:plain

ケヴィン「父親が娘の心配するのは、当然だろう?」

エマ「はいはい」

 

f:id:sims7days:20200624233421j:plain

エマ「どうせ冬休みには帰って来るんだから、そんなに寂しそうな顔しないでよ」

ケヴィン 「でも……」

 

f:id:sims7days:20200624233425j:plain

セシル「いい加減、行かせてやれよ。クロエもエマも困ってるだろう?」

 

f:id:sims7days:20200624233429j:plain

ケヴィン「お前、案外冷たいな。クロエとエマのことは、我が子同然に可愛がってくれていると思ってたのに……」

セシル「あぁ?俺が冷たいだと?」

 

f:id:sims7days:20200624233432j:plain

セシル「この家空けてる間も毎日連絡取り合っていたし、クロエとエマがSan Myshunoに来た時には、ちゃんと飯食べさせてホテルにだって送ってやったのに……」

ケヴィン「ちょっと待った、セシル」

 

f:id:sims7days:20200624233438j:plain

ケヴィン「今、なんて言った?」

セシル「だから……」

 

f:id:sims7days:20200624233442j:plain

ケヴィン「俺からの連絡なんて、10回に1回返してくれれば良い方なのに……って、そうじゃない」

 

f:id:sims7days:20200624233446j:plain

ケヴィン「『San Myshunoに行った』だと?俺はそんな話、聞いていないぞ」

 

f:id:sims7days:20200624233451j:plain

セシル「え?クロエもエマも、パパの許可はもらってるって……」

クロエ&エマ『あー……』

 

f:id:sims7days:20200624233455j:plain

エマ「いけない、もうこんな時間!」

クロエ「早く行かないと、ホームステイ先に心配かけちゃう!」

 

f:id:sims7days:20200624233500j:plain

ケヴィン「待て、お前たち……」

クロエ「じゃあね、パパ!」

 

f:id:sims7days:20200624233504j:plain

エマ「またね!セシル、テディ」

ケヴィン「クロエ!エマ!!」

 

 

 

 パタン

 

f:id:sims7days:20200624233508j:plain

ケヴィン「あいつら……」

 

 

 

f:id:sims7days:20200624233512j:plain

ケヴィン『お前たち、どこまで知っているんだ?』

 

f:id:sims7days:20200624233516j:plain

クロエ&エマ『全部』

 

 

 

f:id:sims7days:20200624233520j:plain

ケヴィン「そういうことだったのか……」

 

f:id:sims7days:20200624233525j:plain

セシル「俺は悪くないからな」

ケヴィン「……」

 

 

 

f:id:sims7days:20200624233529j:plain

ケヴィン「まったく……」

 

f:id:sims7days:20200624233533j:plain

ケヴィン「手のかかる子供たちだけど、いなくなると寂しいものだな」

 

f:id:sims7days:20200624233536j:plain

セシル「子育てもようやくひと段落か」

ケヴィン「あぁ」

 

f:id:sims7days:20200624233541j:plain

ケヴィン「これからは、セシルのために時間を使える」

 

f:id:sims7days:20200624233544j:plain

セシル「……俺は、クロエやエマと同じレベルかよ」

 

f:id:sims7days:20200624233548j:plain

ケヴィン「ある意味、クロエやエマより手がかかるけどな」

 

 

 

 

 

f:id:sims7days:20200624233552j:plain

ケヴィン「夕飯、何が良い?」

 

f:id:sims7days:20200624233558j:plain

セシル「サーモンの香草焼き」

 

f:id:sims7days:20200624233601j:plain

ケヴィン「お前、本当そればっかりだな」

セシル「良いだろう?好きなんだよ」 

 

f:id:sims7days:20200624233605j:plain

セシル「テディも好きだって」

ケヴィン「はいはい」

 

 

 

 パタン

 

f:id:sims7days:20200624233609j:plain

セシル「平和だな……」

 

f:id:sims7days:20200624233613j:plain

セシル「こうも平和な時間が続くと、時々無性に不安になる。俺の知らないところでは、何か悪いことが起こっているんじゃないか……って」

 

f:id:sims7days:20200624233616j:plain

セシル「お前もそう思わないか?なぁ……」

 

f:id:sims7days:20200624233620j:plain

セシル「ワイアット」

 

f:id:sims7days:20200624233624j:plain

ワイアット「不安を感じるのも辛いですが、大切な主人に『悪いこと』を伝えるのは、もっと辛いものです」

 

f:id:sims7days:20200624233627j:plain

ワイアット「お久しぶりです。アレクシス様」

 

f:id:sims7days:20200624233631j:plain

セシル「………………」

 

 

▶︎Season2 に続く……。

----------------------------------------

セシルにとっては、新たな闘いのスタート。

  

にほんブログ村 ゲームブログ ザ・シムズシリーズへ

やる気スイッチです。応援よろしくお願いしますm(__)m