Sims 7 days

PC版『The Sims4』の創作Blogです。4つの世帯を中心に、オリジナルストーリーを展開中。※一部BL要素を含みます。

MENU

【Sims4】#100 上司の選び方【Season 2】

f:id:sims7days:20201020001955j:plain
使い捨てられるか救われるかは、上司の選択次第。

 

 Season 1のまとめは、こちら。 

 Season 2の第1話は、こちら。 

 

 

f:id:sims7days:20201020001628j:plain

クリス「地下工事が得意なリフォーム業者?」

 

f:id:sims7days:20201020001632j:plain

クリス「それなら、俺よりもワイアットさんやマリアさんに聞いた方が早いんじゃないですか?」

ジュリアン「そうしたいところだけど……」

 

f:id:sims7days:20201020001636j:plain

ジュリアン「マリアがつわりでナーバスになっているらしいから、あまり本家には近づきたくないんだよね」

 

f:id:sims7days:20201020001640j:plain

クリス「あぁ……それで最近リックさんやワイアットさんが、神経質になっているんですか?」

ジュリアン「そう」

 

f:id:sims7days:20201020001644j:plain

ジュリアン「今のマリアは、寝起きの兄さんより機嫌が悪いらしいよ」

クリス「最悪ですね……」

 

f:id:sims7days:20201020001648j:plain

クリス「それにしても、地下なんて何に使うんですか?倉庫を作るとか?」

 

f:id:sims7days:20201020001652j:plain

ジュリアン「俺の寝室にするんだ」

クリス「寝室?」

 

f:id:sims7days:20201020001656j:plain

ジュリアン「今まではワインセラーで寝ていたんだけど、さすがに地下室作れってジェシーに怒られた」

クリス「……ワインセラー?」

 

f:id:sims7days:20201020001659j:plain

クリス「もしかして、ケヴィンさんのアトリエ横にある棺って、ジュリアンさんのものですか?」

ジュリアン「あれは俺のベッド」

 

f:id:sims7days:20201020001703j:plain

クリス「なんだ……てっきり、会長が気に入らない部下の息の根を止めて、隠しているのかと思いました」

ジュリアン「なにそれ」

 

f:id:sims7days:20201020001708j:plain

ジュリアン「自宅に遺体なんて隠すわけないでしょう?」

クリス「そうですよね」

 

f:id:sims7days:20201020001711j:plain

ジュリアン「遺体の隠し場所は別にあるから、大丈夫だよ」

 

f:id:sims7days:20201020001716j:plain

クリス「……」

 

f:id:sims7days:20201020001721j:plain

クリス「冗談ですよね?」

ジュリアン「さぁね」

 

 

 

 

 

f:id:sims7days:20201020001726j:plain

イーサン「どこだ?」

 

f:id:sims7days:20201020001731j:plain

イーサン「クソッ……どこにあるんだ?」

 

f:id:sims7days:20201020001737j:plain

セシル「お前が探しているのは、このファイルか?」

イーサン「……」

 

f:id:sims7days:20201020001740j:plain

イーサン「会長?」

 

f:id:sims7days:20201020001744j:plain

セシル「イーサン、お前に話がある」

 

f:id:sims7days:20201020001748j:plain

イーサン「……」

 

 

 

f:id:sims7days:20201020001753j:plain

セシル「ここ数年、本社の機密情報が外部に流出する事件が度々起こっている」

 

f:id:sims7days:20201020001757j:plain

セシル「犯人はお前だな、イーサン」

 

f:id:sims7days:20201020001802j:plain

イーサン「……」

 

f:id:sims7days:20201020001806j:plain

イーサン「バイオレット・ブラックから聞き出したのか?」

 

f:id:sims7days:20201020001810j:plain

セシル「……そんな人間は知らない」

イーサン「知っているはずだ。俺は、組織の中でも特殊な仕事を任されていた」

 

f:id:sims7days:20201020001814j:plain

イーサン「俺の存在を知っているのは、ごく一部の幹部だけ。そして組織を裏切った幹部は、バイオレット・ブラックただ一人だ」

セシル「……」

 

f:id:sims7days:20201020001817j:plain

セシル「俺がお前に目をつけたのは、降格されてもこの会社に残り続けたからだ」

 

f:id:sims7days:20201020001822j:plain

セシル「お前のような出世欲むき出しの男が、引き抜きに応じないわけがない。この会社に留まり続けなければならない、『余程の理由』があると思ったんだ」

 

f:id:sims7days:20201020001826j:plain

イーサン「……」

 

f:id:sims7days:20201020001831j:plain

セシル「イーサン、お前に選ばせてやろう」

イーサン「選ぶ?」

 

f:id:sims7days:20201020001834j:plain

セシル「そうだ。この会社を去って組織と共に心中するか、警察に組織を売ってこの会社に残るか、好きな方を選べ」

 

f:id:sims7days:20201020001838j:plain

イーサン「冗談だろう?……まだ俺を雇う気でいるのか?」

 

f:id:sims7days:20201020001842j:plain

セシル「この会社のウリは多様性だ。使える人間なら誰でも使う。たとえ元犯罪者でもな。それがゴールド財閥だ」

 

f:id:sims7days:20201020001846j:plain

セシル「俺がお前をビクトリアの下につけたのは、お前の正体を探るためだけじゃない。経営者として育てるためでもある」

イーサン「……」

 

f:id:sims7days:20201020001850j:plain

セシル「お前のボスがどんな人間かは知らないが、少なくとも俺は、部下を見捨てるようなことはしない」

 

f:id:sims7days:20201020001854j:plain

セシル「お前がこの会社に残る意思があるというのなら、司法取引のために弁護士を用意してやろう」

 

f:id:sims7days:20201020001858j:plain

セシル「さぁ、どうする?」

 

f:id:sims7days:20201020001902j:plain

セシル『お前には今後、経営者としての指導をする。将来的には小さな会社一つくらい任せても良いだろう』

 

f:id:sims7days:20201020001906j:plain

セシル『頑張れるか?』

 

f:id:sims7days:20201020001910j:plain

イーサン「会長……」

 

f:id:sims7days:20201020001914j:plain

イーサン「あんたやっぱり、バカ息子だ」

 

 

 

 

 

f:id:sims7days:20201020001918j:plain

ビクトリア「彼、いつ頃戻って来られるでしょう?」

 

f:id:sims7days:20201020001922j:plain

セシル「あいつは、バイオレット・ブラック以上の情報を握っているはずだ。これで組織は完全に壊滅させることができる」

 

f:id:sims7days:20201020001926j:plain

セシル「実刑は免れないだろうが、警察に大きく貢献すれば数年で戻って来られるだろう」

 

f:id:sims7days:20201020001931j:plain

ビクトリア「また教育できる日を楽しみにしています」

 

f:id:sims7days:20201020001936j:plain

セシル「まぁ、戻ってきたところで当面はカフェ勤務だけどな」

 

f:id:sims7days:20201020001940j:plain

ビクトリア「……また降格させるつもりですか?」

 

f:id:sims7days:20201020001944j:plain

セシル「当たり前だ。一度ならず二度までも俺をバカ息子呼ばわりしやがって」

 

f:id:sims7days:20201020001948j:plain

セシル「3年は正社員に戻してやらねぇからな」

ビクトリア「……」

 

f:id:sims7days:20201020001951j:plain

ビクトリア(『バカ息子』呼ばわりは、会社を裏切った事実以上に腹が立つのね……)

 

 

 

----------------------------------------

イーサンは、バイオレットがウィルに語っていた「施設で一緒に育った男の子」です。

 

バイオレットとイーサンのお話は、こちら。

にほんブログ村 ゲームブログ ザ・シムズシリーズへ

やる気スイッチです。応援よろしくお願いしますm(__)m