Sims 7 days

PC版『The Sims4』の創作Blogです。4つの世帯を中心に、オリジナルストーリーを展開中。※一部BL要素を含みます。

MENU

【Sims4】#101 可愛い人【Season 2】

f:id:sims7days:20201021162125j:plain
完全よりも不完全な方が、愛着を持てる。

 

 Season 1のまとめは、こちら。 

 Season 2の第1話は、こちら。 

 

 

f:id:sims7days:20201021162129j:plain

サマンサ「リリーは優秀ですね」

 

f:id:sims7days:20201021162133j:plain

サマンサ「絵の才能もあるし、子供たちへの教え方も上手です」

ケヴィン「そうだな」

 

f:id:sims7days:20201021162137j:plain

サマンサ「大学卒業後は、先生の下で働きたいと言っていましたよ」

 

f:id:sims7days:20201021162141j:plain

ケヴィン「……俺の下で?」

サマンサ「はい。働きながら絵の勉強がしたいと」

 

f:id:sims7days:20201021162145j:plain

サマンサ「元々先生のファンでしたが、実際に話してみて人柄にも惹かれたそうです」

ケヴィン「……」

 

f:id:sims7days:20201021162148j:plain

ケヴィン「実は、美術館から絵画教室を定期的に開催してほしいとお願いされているんだ」

 

f:id:sims7days:20201021162152j:plain

ケヴィン「この美術館のウリにして、人を集めたいらしい」

サマンサ「それは素晴らしい提案ですね」

 

f:id:sims7days:20201021162156j:plain

ケヴィン「まだ決定ではないけど……リリーがサポートとして加わってくれると助かるな」

サマンサ「えぇ、あの子は絶対にうちのチームに入れるべきです」

 

f:id:sims7days:20201021162200j:plain

ケヴィン「……」

 

f:id:sims7days:20201021162205j:plain

ケヴィン「何か企んでる顔をしているな」

サマンサ「企むなんて、とんでもない」

 

f:id:sims7days:20201021162208j:plain

ケヴィン「言っておくけど、俺のチームでは職場恋愛禁止だ」

サマンサ「……え?そうなんですか?」

 

f:id:sims7days:20201021162213j:plain

ケヴィン「冗談だよ」

 

f:id:sims7days:20201021162218j:plain

サマンサ「先生……」

 

 

 

 

 

f:id:sims7days:20201021162222j:plain

セシル「……暇だ」

 

f:id:sims7days:20201021162227j:plain

セシル「新規事業は上手くいっているし、情報漏洩問題も解決したし、マリアのつわりも落ち着いたし……」

 

f:id:sims7days:20201021162233j:plain

セシル「会長職も3年目にもなると飽きるな。そろそろ引退するか」

 

f:id:sims7days:20201021162238j:plain

クリス「引退って……後継者もいないのに何言ってるんですか」

セシル「ジュリアンがいるだろう?」

 

f:id:sims7days:20201021162243j:plain

クリス「ジュリアンさんは『兄さんが死なない限り継ぐ気はない』って言っていましたよ」

 

f:id:sims7days:20201021162247j:plain

セシル「この世から引退しないと無理ってことか」

クリス「縁起でもないこと言わないでくださいよ」

 

f:id:sims7days:20201021162251j:plain

セシル「そういえばお前、いつまでうちにいる気だ?そろそろビクトリアと暮らしたらどうだ?」

クリス「いや……元々ビクトリアさんと暮らしていたのに、会長が無理やりゴールド家に呼んだんでしょうが」

 

f:id:sims7days:20201021162256j:plain

セシル「そうだったか?」

クリス「本当、自分に都合の悪いことはすぐに忘れますね」

 

f:id:sims7days:20201021162300j:plain

セシル「仕事も落ち着いたことだし、ビクトリアの家に引っ越しても良いぞ」

クリス「え?でも……」

 

 

 コンコン

 

f:id:sims7days:20201021162305j:plain

ビクトリア「失礼します」

 

f:id:sims7days:20201021162309j:plain

セシル「ビクトリア、いいところに来たな」

ビクトリア「何です?」

 

f:id:sims7days:20201021162313j:plain

セシル「クリスにお前と暮らすよう提案していたんだ」

ビクトリア「え?」

 

f:id:sims7days:20201021162318j:plain

ビクトリア「ずいぶん急なお話ですね……」

セシル「お前にとっても嬉しい提案だろう?」

 

f:id:sims7days:20201021162324j:plain

ビクトリア「えぇ……それはもちろん、そうですけど……」

セシル「何か問題でも?」

 

f:id:sims7days:20201021162329j:plain

ビクトリア「問題というわけではないのですが……その…別に一緒に暮らさなくても良いかな……って」

 

f:id:sims7days:20201021162332j:plain

セシル「なんだ、クリスとは一緒に暮らしたくないのか?」

ビクトリア「そういうわけでは……」

 

f:id:sims7days:20201021162337j:plain

クリス「……」

 

f:id:sims7days:20201021162342j:plain

ビクトリア「とにかく、この件については少し考えさせていただきます」

セシル「考えるって、お前……」

 

f:id:sims7days:20201021162346j:plain

ビクトリア「失礼します」

 

f:id:sims7days:20201021162351j:plain

クリス「ビクトリアさん」

セシル「……」

 

f:id:sims7days:20201021162355j:plain

セシル「あいつ、何しに来たんだ?」

 

 

 

f:id:sims7days:20201021162358j:plain

クリス「ビクトリアさん」

 

f:id:sims7days:20201021162404j:plain

ビクトリア「クリス……」

クリス「すみません、急に一緒に暮らすなんて提案して」

 

f:id:sims7days:20201021162410j:plain

ビクトリア「ごめんなさい、クリス。私も驚いてしまって……」

 

f:id:sims7days:20201021162414j:plain

クリス「ビクトリアさん。その……俺と暮らすのが嫌なら、ハッキリ言って頂いても……」

ビクトリア「そうじゃないの」

 

f:id:sims7days:20201021162418j:plain

ビクトリア「あなたと暮らせたら嬉しいわよ。ただ……」

クリス「ただ?」

 

f:id:sims7days:20201021162423j:plain

ビクトリア「がっかりさせてしまう気がして」

 

f:id:sims7days:20201021162427j:plain

クリス「がっかり?どういうことですか?」

ビクトリア「……」

 

f:id:sims7days:20201021162432j:plain

ビクトリア「前回は短期間だから誤魔化せたけど、実は私……」

 

f:id:sims7days:20201021162436j:plain

ビクトリア「料理ができないの」

 

f:id:sims7days:20201021162440j:plain

クリス「……え?」

ビクトリア「料理だけじゃなくて、掃除も片付けも、家事という家事が苦手なのよ」

 

f:id:sims7days:20201021162445j:plain

クリス「でも……家は片付いているし、デートの時は毎回ご馳走を作ってくれるじゃないですか」

 

f:id:sims7days:20201021162449j:plain

ビクトリア「全部メイドさんにお願いしたのよ」

クリス「……そうだったんですか」

 

f:id:sims7days:20201021162454j:plain

ビクトリア「ね?がっかりしたでしょう?」

クリス「そんなことありませんよ」

 

f:id:sims7days:20201021162458j:plain

クリス「家事は苦手でも、ビクトリアさんは誰よりも仕事ができるじゃないですか」

 

f:id:sims7days:20201021162502j:plain

クリス「少しくらい弱点があった方が、人間味があって俺は好きです」

 

f:id:sims7days:20201021162506j:plain

ビクトリア「……好き?」

クリス「大丈夫ですよ。俺、料理は得意ですから」

 

f:id:sims7days:20201021162510j:plain

クリス「家事なんて、できる方がやれば良いんです。別にビクトリアさんがプレッシャーに思うことなんてありません」

 

f:id:sims7days:20201021162515j:plain

ビクトリア「……本当に?」

クリス「えぇ」

 

f:id:sims7days:20201021162520j:plain

クリス「可愛らしい一面が見れて、がっかりどころか惚れ直しました」

ビクトリア「クリス……」

 

 

----------------------------------------

ビクトリアの自宅は、メイドサービス付きの物件です。

 

にほんブログ村 ゲームブログ ザ・シムズシリーズへ

やる気スイッチです。応援よろしくお願いしますm(__)m