Sims 7 days

PC版『The Sims4』の創作Blogです。4つの世帯を中心に、オリジナルストーリーを展開中。※一部BL要素を含みます。

MENU

【Sims4】#131 人を動かす条件【Season 2】

f:id:sims7days:20210422175508j:plain

人を動かすには、まずは心を捕らえること。

 

 Season 1のまとめは、こちら。 

 Season 2のまとめは、こちら。 

 

 

f:id:sims7days:20210422175126j:plain

セシル「オーウェン・シルバーのその後?」

 

f:id:sims7days:20210422175130j:plain

クリス「はい。どうなったか気になりまして……」

 

f:id:sims7days:20210422175134j:plain

セシル「さぁな。San Myshunoから出たことは確認したが、その後について俺は把握していない」

クリス「会長」

 

f:id:sims7days:20210422175140j:plain

クリス「Oasis Springsのイエロー家は、ご存知ですよね?」

セシル「あぁ、エマの彼氏の家か」

 

f:id:sims7days:20210422175144j:plain

クリス「イエロー家の経営する会社に、最近南の島での大規模な建築依頼があったそうです」

 

f:id:sims7days:20210422175148j:plain

セシル「……例のSulaniの件か?」

クリス「恐らく」

 

f:id:sims7days:20210422175151j:plain

クリス「依頼者は『オーウェン』と名乗っていたそうです」

 

f:id:sims7days:20210422175155j:plain

セシル「それが、あのオーウェン・シルバーだと?」

クリス「あの男は、不動産業界に深い繋がりがあります。それに……」

 

f:id:sims7days:20210422175159j:plain

クリス「リゾート化の件は世間に明るみになっていないのに、もう建築業者を手配し始めている」

セシル「やり口が汚い辺り、あの男が関わっていそうではあるな」

 

f:id:sims7days:20210422175203j:plain

セシル「俺に個人的な恨みがあるだろうし、あの男ならSulani政府を買収するくらいのことはやりかねない」

 

f:id:sims7days:20210422175207j:plain

クリス「実際に、オーウェンと名乗った人物は、後ろにもっと大きなバッグがついていると言っていたそうです」

セシル「なるほどな」

 

f:id:sims7days:20210422175211j:plain

クリス「『なるほどな』じゃありませんよ、会長」

 

f:id:sims7days:20210422175215j:plain

クリス「早く手を打たなければ、手遅れになる。ウィルの報告書にも目を通したでしょう?」

 

f:id:sims7days:20210422175219j:plain

クリス「Sulaniの件は、始まりに過ぎません。政府を買収してリゾート開発を行うなんて汚い方法がまかり通ってしまったら、正攻法を貫いている企業ではとても太刀打ちができない」

 

f:id:sims7days:20210422175223j:plain

セシル「政府の買収なら、うちもしているぞ。あくまでグレーゾーンだがな」

クリス「会長」

 

f:id:sims7days:20210422175228j:plain

セシル「はぁ……」

 

f:id:sims7days:20210422175232j:plain

セシル「クリス。お前がこの件にここまで入れ込むのは、何のためだ?」

クリス「え?」

 

f:id:sims7days:20210422175237j:plain

セシル「Sulaniの自然保護のためか?それとも、ゴールド財閥のためか?」

 

f:id:sims7days:20210422175241j:plain

クリス「……」

 

f:id:sims7days:20210422175246j:plain

クリス「両方です」

 

f:id:sims7days:20210422175252j:plain

クリス「私情でこの件に固執していることは、否定しません。でも、私情を抜きにしても目を背けられない問題です」

 

f:id:sims7days:20210422175259j:plain

クリス「会長。あなたはアレクサンダー・ゴールドの後継者として、十分に実力を示してきました」

 

f:id:sims7days:20210422175302j:plain

クリス「恐らく世間の誰もが、あなたがここまでの力を示せるとは思っていなかったでしょう」

 

f:id:sims7days:20210422175306j:plain

クリス「しかし、あくまでアレクサンダー・ゴールドの時代を引き継いで成長させただけに過ぎない」

 

f:id:sims7days:20210422175310j:plain

クリス「そろそろ、ご自分の時代を築いてはいかがですか?」

 

f:id:sims7days:20210422175314j:plain

セシル「……」

 

f:id:sims7days:20210422175318j:plain

セシル「自然保護に舵を切れと?」

クリス「そんなことは言っていません。ただ……」

 

f:id:sims7days:20210422175324j:plain

クリス「この件は、アレクシス・ゴールドの時代の幕開けとなる、大きなチャンスなのかもしれない」

 

f:id:sims7days:20210422175328j:plain

クリス「俺が言いたいのは、それだけです」

 

f:id:sims7days:20210422175332j:plain

セシル「………………」

 

 

 

 

 

f:id:sims7days:20210422175337j:plain

リタ「ライアン」

 

f:id:sims7days:20210422175341j:plain

リタ「クリスから会長との面会を拒絶されて、まだ落ち込んでいるの?」

 

f:id:sims7days:20210422175345j:plain

ライアン「俺だって、何も考えていないわけじゃないのに……」

リタ「あなたを信頼していないわけじゃない。きっと、クリスにも何か考えがあるのよ」

 

f:id:sims7days:20210422175349j:plain

リタ「さぁ、暗い顔はここまで。今日は愛する息子の誕生日なんだから、笑って」

ライアン「リタ……」

 

f:id:sims7days:20210422175353j:plain

ライアン「そうだな」

 

 

 

f:id:sims7days:20210422175357j:plain

ライアン「エイデン、誕生日おめでとう」

 

f:id:sims7days:20210422175401j:plain

エイデン「ありがとう。父さん」

 

f:id:sims7days:20210422175405j:plain

ライアン「この間生まれたと思ったのに、もう小学生か」

ルナ「この間生まれたのは、ラナでしょう?」

 

f:id:sims7days:20210422175409j:plain

ルナ「仕事も良いけど、たまには子供との時間を作ったら?」

 

f:id:sims7days:20210422175413j:plain

ルナ「まったく、ライアンは父親としての自覚が足りないんだから」

ライアン(だんだん先輩に似てきたな……)

 

f:id:sims7days:20210422175417j:plain

ライアン「そういえば、クロエとエマは?」

 

f:id:sims7days:20210422175423j:plain

ルナ「ディランと合流したら、すぐに来るって」

ライアン「了解」

 

f:id:sims7days:20210422175428j:plain

ルナ「……」

 

f:id:sims7days:20210422175433j:plain

ルナ「クリスと喧嘩したの?」

ライアン「え?」

 

f:id:sims7days:20210422175437j:plain

ルナ「この間、険悪な感じだったから……」

 

f:id:sims7days:20210422175442j:plain

ライアン「喧嘩したわけじゃないよ。ただ、意見の相違があっただけだ」

 

f:id:sims7days:20210422175447j:plain

ルナ「意見の相違?」

ライアン「そう」

 

f:id:sims7days:20210422175452j:plain

ライアン「大丈夫。Sulaniを守りたいって気持ちは一致してるから。きっと上手くいく」

 

f:id:sims7days:20210422175456j:plain

ルナ「……そっか」

 

f:id:sims7days:20210422175500j:plain

リタ「……」

 

f:id:sims7days:20210422175504j:plain

リタ「さぁ、みんな揃う前に準備を済ませましょう」

ルナ「うん」

 

 

 ----------------------------------------

ライアンの側にいると、どんな女性も強くなります。

 

にほんブログ村 ゲームブログ ザ・シムズシリーズへ

やる気スイッチです。応援よろしくお願いしますm(__)m