Sims 7 days

PC版『The Sims4』の創作Blogです。4つの世帯を中心に、オリジナルストーリーを展開中。※一部BL要素を含みます。

MENU

【Sims4】#137 レッド家の伝承【Season 2】

f:id:sims7days:20211003232342j:plain

許すことはできなくても、理解はできる。

 

 Season 1のまとめは、こちら。 

 Season 2のまとめは、こちら。 

 

 

f:id:sims7days:20211003232042j:plain

ジュリアン「……というわけで」

 

f:id:sims7days:20211003232045j:plain

ジュリアン「『ヴァンパイアが人間になる方法』を探しているんだけど、知らない?」

「………………」

 

f:id:sims7days:20211003232049j:plain

ジュリアン「……あれ?もしかして死んじゃった?」

「………………」

 

f:id:sims7days:20211003232052j:plain

ジュリアン「死んだのなら、地下をコンクリートで埋め立ててこのまま墓に……」

レイチェル「生きてるわよっ!!」

 

f:id:sims7days:20211003232055j:plain

ジュリアン「なんだ、残念」

レイチェル「残念じゃないわよ!まったく……」

 

f:id:sims7days:20211003232058j:plain

レイチェル「実の母親にこんなに酷い仕打ちをして、都合の良い時にだけ利用しようなんて……どれだけ図々しいのよ」

 

f:id:sims7days:20211003232102j:plain

ジュリアン「悪かったね。俺の性格は母親譲りだから」

レイチェル「……」

 

f:id:sims7days:20211003232105j:plain

レイチェル「人間になりたいだなんて、馬鹿げた話ね。せっかくヴァンパイアという素晴らしい生き物に生まれたのに、どうして無能な人間になりたがるのよ?」

 

f:id:sims7days:20211003232108j:plain

ジュリアン「俺が人間になることを望んでいるわけじゃない」

レイチェル「じゃあ、誰が望んでいるのよ?」

 

f:id:sims7days:20211003232111j:plain

ジュリアン「誰だって良いでしょう。それより、人間になる方法を知ってるの?」

レイチェル「さぁね、どうかしら。私が素直に教えるとでも?」

 

f:id:sims7days:20211003232114j:plain

ジュリアン「あのさ、なにか勘違いしてない?」

 

f:id:sims7days:20211003232118j:plain

ジュリアン「あんたの生殺与奪は、俺が握ってるんだよ?俺の機嫌を損ねないほうが良いと思うけど」

レイチェル「……」

 

f:id:sims7days:20211003232121j:plain

レイチェル「なによ、人間になる方法を教えたらここから出してくれるの?」

ジュリアン「考える」

 

f:id:sims7days:20211003232124j:plain

ジュリアン「それで、人間になる方法は?」

レイチェル「……良いわ」

 

f:id:sims7days:20211003232127j:plain

レイチェル「主寝室のガーゴイルの後ろに、ヴァンパイアが人間になる方法を記した本が隠してある」

 

f:id:sims7days:20211003232131j:plain

レイチェル「特別な能力はいらないわ。必要な材料さえ揃えることができれば、すぐにでも人間に戻れる」

 

f:id:sims7days:20211003232134j:plain

ジュリアン「それ本当?」

レイチェル「えぇ。でも、簡単な方法ではないわよ」

 

f:id:sims7days:20211003232137j:plain

ジュリアン「試してみる価値はある」

 

f:id:sims7days:20211003232140j:plain

レイチェル「……ずいぶん熱心ね。何事にも無関心なあんたが、一体どうしちゃったの?」

ジュリアン「俺にも色々と事情があるんだよ」

 

f:id:sims7days:20211003232143j:plain

レイチェル「あ、そう。まぁいいわ。そんなことより、早くここから出してちょうだい」

ジュリアン「は?」

 

f:id:sims7days:20211003232147j:plain

レイチェル「方法を教えたら、ここから出すって約束でしょう?」

ジュリアン「『考える』とは言ったけど、出すなんて約束はしてないよ」

 

f:id:sims7days:20211003232150j:plain

ジュリアン「ここから出たら絶対に俺を殺すでしょう?そんな相手、簡単に解放すると思う?」

レイチェル「殺したりしないわよ!」

 

f:id:sims7days:20211003232153j:plain

レイチェル「あんたがした仕打ちには腹が立つけど、仮にも実の母親なのよ?息子を手にかけたりするもんですか」

 

f:id:sims7days:20211003232156j:plain

ジュリアン「なにそれ。今更血のつながりをアピールして、同情してもらおうって魂胆?」

 

f:id:sims7days:20211003232200j:plain

レイチェル「……ゴールド家の人間から何を吹き込まれたのか知らないけど、私はあんたを手放したりしていないわ」

ジュリアン「え?」

 

 

 

f:id:sims7days:20211003232203j:plain

レイチェル「私は母親として、自分の手で子供を育てたかった。それなのに、ゴールド家の執事やメイド連中にあんたを取り上げられたのよ」

 

f:id:sims7days:20211003232206j:plain

ジュリアン「俺のこと育てる気があったの?」

 

f:id:sims7days:20211003232210j:plain

レイチェル「お腹を痛めて産んだ子だもの、私にだって愛情くらい湧くわよ」

 

 

 

f:id:sims7days:20211003232213j:plain

レイチェル「育てることは叶わなかったけど、代わりにあんたにはヴァンパイアとしての生き方を教えてあげたでしょう?」

ジュリアン「……」

 

f:id:sims7days:20211003232216j:plain

ジュリアン「俺のこと、邪魔者扱いした挙句、利用しようとしたクセに……」

 

 

 

f:id:sims7days:20211003232220j:plain

レイチェル「命懸けで産んだのは私なのに、あんたが懐いたのはゴールド家の連中よ。そりゃあ、腹も立つわよ」

 

f:id:sims7days:20211003232223j:plain

レイチェル「でも……そうね」

 

f:id:sims7days:20211003232226j:plain

レイチェル「こんな醜い感情を息子に向けたのは、間違いだった」

 

 

 

f:id:sims7days:20211003232229j:plain

レイチェル「手放した挙句に悪事に利用するなんて、とんだ母親よね」

ジュリアン「……」

 

f:id:sims7days:20211003232233j:plain

レイチェル「もっと早く気付くべきだった。怒りをぶつける相手はジュリアンではなくて、あのマリアって女よ」

 

f:id:sims7days:20211003232237j:plain

レイチェル「私から息子を取り上げておいて、『母親としての責任を果たしていない』なんて……よく言うわ」

ジュリアン「あのさ……」

 

f:id:sims7days:20211003232240j:plain

ジュリアン「もしかして、マリアを目の敵にしていたのは……嫉妬?」

レイチェル「……………………」

 

f:id:sims7days:20211003232244j:plain

レイチェル「うるさいわね!どうせあんたには、親の気持ちなんて理解できないわよ」

 

f:id:sims7days:20211003232247j:plain

ジュリアン「理解できるよ」

レイチェル「……え?」

 

f:id:sims7days:20211003232250j:plain

ジュリアン「そういえば、あの男はどうしてる?」

レイチェル「あの男?」

 

f:id:sims7days:20211003232254j:plain

ジュリアン「『キース・パープル』だよ。行方が掴めないからリックが警戒してる」

 

f:id:sims7days:20211003232257j:plain

レイチェル「知らないわ。ゴールド家を追い出されて、すぐにあいつとも別れたから」

ジュリアン「どこに行ったか検討はつかない?」

 

f:id:sims7days:20211003232300j:plain

レイチェル「そうね……確か『新しいパートナーを探す』って言っていたわ」

ジュリアン「パートナー?」

 

f:id:sims7days:20211003232303j:plain

レイチェル「ゴールド家から持ち出した財産はほとんどあいつに持ち逃げされたから、それを元手にまた悪巧みするつもりよ」

 

f:id:sims7days:20211003232307j:plain

レイチェル「よくSan Myshunoに出入りしていたから、ツテでもあるんでしょう」

 

f:id:sims7days:20211003232310j:plain

ジュリアン「San Myshuno……?」

 

f:id:sims7days:20211003232313j:plain

レイチェル「ねぇ、ジュリアン。もう良いでしょう?」

 

f:id:sims7days:20211003232316j:plain

レイチェル「私を許してとは言わない。今後ゴールド家にも近づかないと約束する。だから、ここから出してちょうだい」

 

f:id:sims7days:20211003232319j:plain

レイチェル「こんな窮屈な棺に閉じ込められて、いい加減気が狂いそうよ」

ジュリアン「……そうだね」

 

f:id:sims7days:20211003232323j:plain

ジュリアン「人間に戻る方法が本物だと証明されたら、そこから出してあげても良いかも」

 

f:id:sims7days:20211003232326j:plain

レイチェル「『かも』ってなによ?約束しなさいよ!」

ジュリアン「案外元気そうで安心したよ。もう少しこの状態でも耐えられそうだね」

 

f:id:sims7days:20211003232329j:plain

レイチェル「ちょっと、冗談でしょう?ねぇ、ジュリアン!」

ジュリアン「まぁ、気が向いたらまた来るよ」

 

f:id:sims7days:20211003232332j:plain

レイチェル「ジュリアン!!」

 

f:id:sims7days:20211003232336j:plain

 

f:id:sims7days:20211003232339j:plain

ジュリアン「またね。母さん」

 

 

 ----------------------------------------

知らない間に孫ができていたレイチェル。

 

にほんブログ村 ゲームブログ ザ・シムズシリーズへ

やる気スイッチです。応援よろしくお願いしますm(__)m