Sims 7 days

PC版『The Sims4』の創作Blogです。4つの世帯を中心に、オリジナルストーリーを展開中。※一部BL要素を含みます。

MENU

【Sims4】#139 未来へのバトン【Season 2】

f:id:sims7days:20211010010748j:plain

何を得られるかではなく、何を残せるかが重要。

 

 Season 1のまとめは、こちら。 

 Season 2のまとめは、こちら。 

 

 

f:id:sims7days:20211010010439j:plain

セシル「あいつら、何コソコソ話してるんだ?」

 

f:id:sims7days:20211010010443j:plain

ケヴィン「あいつらって?」

セシル「ジュリアンとクリスだ」

 

f:id:sims7days:20211010010446j:plain

ケヴィン「コソコソって……仕事の話だろう?」

 

f:id:sims7days:20211010010449j:plain

セシル「仕事の話なら、なぜ俺を避ける?」

ケヴィン「家族との時間を優先させてくれてるんだよ」

 

f:id:sims7days:20211010010452j:plain

セシル「ジュリアンが裏で動くと、ロクなことにならない」

 

f:id:sims7days:20211010010455j:plain

セシル「毒でも作って、誰か殺ろうとしてるんじゃないだろうな?」

 

f:id:sims7days:20211010010458j:plain

ケヴィン「毒って……そんなわけないだろう?自分の弟をもっと信用しろよ」

 

f:id:sims7days:20211010010501j:plain

セシル「信用はしている。ただ、心配なだけだ」

ケヴィン「心配?」

 

f:id:sims7days:20211010010504j:plain

セシル「あいつは賢いが、善悪の区別がつかない。目的のためならば、どんな手段も選ばないだろう」

 

f:id:sims7days:20211010010508j:plain

セシル「簡単に一線を超えてしまう危うさがある」

ケヴィン「まさか……」

 

f:id:sims7days:20211010010511j:plain

ケヴィン「何考えてるかわからないところはあるけど、あいつだっていい大人だ。さすがに善悪の区別くらいつくだろう」

 

f:id:sims7days:20211010010514j:plain

ケヴィン「俺としては、ジュリアンのことよりも子供たちの方が心配だ」

セシル「何か問題でもあるのか?」

 

f:id:sims7days:20211010010517j:plain

ケヴィン「お前が言い出したんだろう?ゴールド家に生まれた人間には、『呪い』がかけられているって」

セシル「あ?」

 

f:id:sims7days:20211010010520j:plain

ケヴィン「この子たちに不幸が降りかかるかもしれないと思ったら、心配でたまらない」

 

f:id:sims7days:20211010010523j:plain

セシル「バカ。呪いだと言ったのは、ものの例えだ」

ケヴィン「例え?」

 

f:id:sims7days:20211010010527j:plain

セシル「俺を見てみろ。ゴールド家の血を引いているというだけで、子供の頃から散々な目に遭ってきた」

 

f:id:sims7days:20211010010530j:plain

セシル「作曲家になってようやく自由を手に入れたというのに、結局、俺はこの家に戻って来ることになった」

 

f:id:sims7days:20211010010533j:plain

セシル「俺もジュリアンも、この家からは逃れられなかった。一種の呪いみたいなものだろう?」

ケヴィン「……まぁ、確かに」

 

f:id:sims7days:20211010010536j:plain

ケヴィン「オカルト的な意味でないにしても、子供たちが自分の望む人生を歩めない可能性があるってことだろう?」

 

f:id:sims7days:20211010010539j:plain

ケヴィン「それはそれで、不安だ」

 

f:id:sims7days:20211010010542j:plain

セシル「アルフレッドとアリシアには、この家に縛られない生き方をしてほしい。そのために、俺は今闘っているんだ」

 

f:id:sims7days:20211010010546j:plain

ケヴィン「ゴールド家や財閥の仕組みを変えるって話か?」

セシル「あぁ。それと……もっと根本的な部分での話だ」

 

f:id:sims7days:20211010010549j:plain

ケヴィン「根本的な部分?」

 

f:id:sims7days:20211010010552j:plain

セシル「お前には詳しく話していなかったが……」

 

f:id:sims7days:20211010010555j:plain

セシル「ゴールド家の栄華には、影の部分がある。その大半は、俺の親父が作ったものだ」

 

f:id:sims7days:20211010010558j:plain

ケヴィン「親父さんが?……どういう意味だ?」

 

f:id:sims7days:20211010010602j:plain

セシル「親父は、表の世界だけでなく、裏の世界の力も利用していた」

ケヴィン「それって……」

 

f:id:sims7days:20211010010605j:plain

ケヴィン「悪いこともしていたってことか?」

セシル「法に触れないギリギリのグレーゾーンってところだな」

 

f:id:sims7days:20211010010608j:plain

セシル「おかげでゴールド家は栄華を極めたが、同時に各方面から恨みも買うようになった」

 

f:id:sims7days:20211010010611j:plain

ケヴィン「お前が子供の頃から危ない目に遭わされてきたのは、親父さんの行いの所為か」

セシル「そういうことだ」

 

f:id:sims7days:20211010010614j:plain

セシル「俺は、親父が過去に行ってきた悪事を清算したいと考えている」

 

f:id:sims7days:20211010010617j:plain

ケヴィン「……そんなことができるのか?」

セシル「やるしかない。このままでは、アルフレッドやアリシア、さらにはその下の世代にも危険が及ぶ可能性がある」

 

f:id:sims7days:20211010010620j:plain

ケヴィン「何か考えがあるんだな」

セシル「あぁ。でも、正直迷っている」

 

f:id:sims7days:20211010010624j:plain

ケヴィン「迷うって……お前が?珍しいな」

 

f:id:sims7days:20211010010627j:plain

セシル「俺にだって迷うことくらいある。特に、大きな決断が迫られた時にはな」

 

f:id:sims7days:20211010010630j:plain

セシル「親父が残した負の遺産はたくさんあるが、代表的なものが自然破壊だ」

 

f:id:sims7days:20211010010633j:plain

セシル「親父が行った大規模な都市開発の陰で、多くの自然が破壊されてきた。そのせいで、ゴールド財閥は自然保護団体や関連する企業からの信頼を失った」

 

f:id:sims7days:20211010010636j:plain

ケヴィン「じゃあ、セシルの代では自然保護に力を入れたら良いじゃないか」

セシル「そうだな。だが、自然保護は金にならない」

 

f:id:sims7days:20211010010639j:plain

セシル「利益を生み出さない自然保護に力を入れても、財閥としてメリットはない。それどころか、大きな損失につながるだろう」

 

f:id:sims7days:20211010010642j:plain

ケヴィン「それって、つまり……」

セシル「今までゴールド家が築き上げてきたものを、台無しにする可能性があるってことだ」

 

f:id:sims7days:20211010010646j:plain

ケヴィン「親父さんの負の遺産は清算できても、ゴールド財閥は弱体化するってことか?」

セシル「そうだ」

 

f:id:sims7days:20211010010649j:plain

セシル「下手をすれば、新たな恨みを買って俺は命を狙われることになるだろう。それでも、未来に禍根を残さずに済む」

 

f:id:sims7days:20211010010652j:plain

ケヴィン「現在を考えればマイナスだけど、将来的にはプラスになるってことか。難しい話だな……」

 

f:id:sims7days:20211010010655j:plain

セシル「正直、将来なんてどうでも良いと思っていた」

 

f:id:sims7days:20211010010658j:plain

セシル「どうせ財閥の会長やゴールド家当主の座なんて、親父から押し付けられただけに過ぎない」

 

f:id:sims7days:20211010010701j:plain

セシル「自分の代さえ無難に乗り切れば、後を継ぐ者の好きにさせたら良いと。でも……」

 

f:id:sims7days:20211010010704j:plain

セシル「子供が生まれて、考えが変わった」

 

f:id:sims7days:20211010010707j:plain

セシル「最近は、俺が死んだ後のことばかり考えるんだ」

 

f:id:sims7days:20211010010710j:plain

ケヴィン「死んだ後?」

セシル「あぁ」

 

f:id:sims7days:20211010010714j:plain

セシル「子供たちに何を残せるのか、子供たちにどんな未来を示せるのか」

 

f:id:sims7days:20211010010717j:plain

セシル「そんなことばかり考える」

ケヴィン「……」

 

 

 

f:id:sims7days:20211010010720j:plain

クリス『そろそろ、ご自分の時代を築いてはいかがですか?』

 

 

 

f:id:sims7days:20211010010723j:plain

セシル「ケヴィン。俺は、やるべきか?」

 

f:id:sims7days:20211010010726j:plain

ケヴィン「セシル……」

 

f:id:sims7days:20211010010729j:plain

ケヴィン「財閥のこともゴールド家のことも、俺には難しい話はわからない」

 

f:id:sims7days:20211010010732j:plain

ケヴィン「お前がどんな立場にあるのかも、俺には想像すらできない。でも……一つだけわかることがある」

 

f:id:sims7days:20211010010735j:plain

ケヴィン「今のお前は、俺に『作曲家になりたい』って話した時と同じ顔をしてる」

 

f:id:sims7days:20211010010738j:plain

ケヴィン「やれよ、セシル。お前がしくじったその時には、俺も一緒に死んでやる」

 

f:id:sims7days:20211010010742j:plain

セシル「ケヴィン、お前……」

 

f:id:sims7days:20211010010745j:plain

セシル「ジュリアンを上回る危険思想の持ち主だな」

 

 

 ----------------------------------------

ケヴィンの純粋さは、長い付き合いのセシルも引くレベル。

 

にほんブログ村 ゲームブログ ザ・シムズシリーズへ

やる気スイッチです。応援よろしくお願いしますm(__)m