Sims 7 days

PC版『The Sims4』の創作Blogです。4つの世帯を中心に、オリジナルストーリーを展開中。※一部BL要素を含みます。

MENU

【Sims4】#18 結婚の条件【Season 2】

f:id:sims7days:20200728013350j:plain

結婚は、本人だけの問題ではない。

 

 Season 1のまとめは、こちら。 

 Season 2の第1話は、こちら。 

 

 

f:id:sims7days:20200728013014j:plain

ケヴィン「ゴールド家所有の邸宅って時点で、想像はしていたけど……」

 

f:id:sims7days:20200728013018j:plain

クリス「すごい豪邸ですね」

 

f:id:sims7days:20200728013022j:plain

セシル「荷物は家の者が運ぶから、お前達は好きに過ごしていて良いぞ」

 

f:id:sims7days:20200728013026j:plain

ケヴィン「好きにって……全然落ち着かないんだけど」

 

 

 

f:id:sims7days:20200728013030j:plain

マリア「旦那様。本日よりこの家に勤めるメイドをご紹介します」

 

f:id:sims7days:20200728013035j:plain

マリア「イヴリンです」

 

f:id:sims7days:20200728013039j:plain

イヴ「『イヴ』とお呼びください」

 

f:id:sims7days:20200728013043j:plain

セシル「……このタイミングで新しいメイドを雇ったのか?古参はどうした?」

 

f:id:sims7days:20200728013046j:plain

マリア「辞めさせられました。レイチェル様に

セシル「……そうか」

 

f:id:sims7days:20200728013051j:plain

セシル「よろしく、イヴ」

 

f:id:sims7days:20200728013055j:plain

イヴ「よろしくお願いします。旦那様」

 

 

 

f:id:sims7days:20200728021436j:plain

セシル「そうだ、クリス」

 

f:id:sims7days:20200728013059j:plain

セシル「お前に書斎を案内しておく。仕事の話もあるから、下に来てくれ」

クリス「はい」

 

f:id:sims7days:20200728013103j:plain

 

f:id:sims7days:20200728013107j:plain

ケヴィン「どうだ、テディ。この家は気に入ったか?」

 

f:id:sims7days:20200728013111j:plain

ワイアット「お久しぶりですね。ケヴィン様」

 

f:id:sims7days:20200728013115j:plain

ケヴィン「あー……ワイアットさん、お久しぶりです」

 

f:id:sims7days:20200728013119j:plain

ワイアット「ワイアットで結構ですよ。旦那様からは、丁重におもてなしするよう申し付けられておりますので」

ケヴィン「……そうですか」

 

f:id:sims7days:20200728013123j:plain

ワイアット「人様の家のプールに金魚を放流したり、階段の手すりで滑って遊んだりしていた方が、ゴールド家当主のパートナーになられるとは」

ケヴィン「ちょっと待て。俺のイメージって、それで固定されているのか?」

 

f:id:sims7days:20200728013128j:plain

ワイアット「まさかとは思いますが、このままアレクシス様と結婚なさるおつもりではないでしょうね?」

 

f:id:sims7days:20200728013132j:plain

ケヴィン「そうするおつもりですけど……」

 

f:id:sims7days:20200728013137j:plain

ワイアット「……」

 

f:id:sims7days:20200728013141j:plain

ワイアット「ゴールド家に入るには、それ相応の人物になっていただく必要があります」

 

f:id:sims7days:20200728013145j:plain

ケヴィン「庶民じゃダメだってことか?」

 

f:id:sims7days:20200728013149j:plain

ワイアット「身分の問題ではありません。振る舞いの問題です」

ケヴィン「振る舞い?」

 

f:id:sims7days:20200728013153j:plain

ワイアット「どうぞ今後は、アレクシス様の隣に立っても恥ずかしくないような振る舞いをお心がけください」

 

f:id:sims7days:20200728013156j:plain

ケヴィン「……」

 

 

 

f:id:sims7days:20200728013200j:plain

ケヴィン(今後は……ってことは、現段階では恥ずかしいってことか?)

 

f:id:sims7days:20200728013205j:plain

リック「あーあ、とんでもない奴に目をつけられましたね」

ケヴィン「えっと……」

 

f:id:sims7days:20200728013210j:plain

リック「リックです」

ケヴィン「あぁ、護衛係の」

 

f:id:sims7days:20200728013213j:plain

リック「ゴールド家に入るためには、まずは執事長であるワイアットの承認を得る必要があります」

 

f:id:sims7days:20200728013217j:plain

ケヴィン「でも、俺嫌われてるみたいだし……」

 

f:id:sims7days:20200728013221j:plain

リック「人の家のプールに金魚放流したり、階段の手すりで滑って遊んだりするからでしょう?」

ケヴィン「あんた達、そのエピソードいつまで引きずるつもりなんだ?」

 

f:id:sims7days:20200728013225j:plain

リック「俺も護衛係としてこの家に入った時には、苦労しました」

 

f:id:sims7days:20200728013229j:plain

リック「ゴールド家では、例え当主が認めた人物であっても、ワイアットが認めなければやっていけません」

 

f:id:sims7days:20200728013233j:plain

リック「執事やメイドは、ワイアットの命令が絶対なんです」

ケヴィン「……」

 

f:id:sims7days:20200728013238j:plain

リック「もしもケヴィン様が、本気でゴールド家に入ろうと思っているなら、まずはテストに合格しないと」

ケヴィン「テスト?」

 

f:id:sims7days:20200728013242j:plain

リック「ワイアットに、アレクシス様の相手として不足ないと認めさせるんです」

 

f:id:sims7days:20200728013245j:plain

ケヴィン「どうすれば良いんだ?」

 

f:id:sims7days:20200728013249j:plain

リック「礼儀作法や振る舞いも大切ですが、なによりもアレクシス様にとってプラスとなる人物であることが大切です」

 

f:id:sims7days:20200728013253j:plain

リック「大丈夫。ジェシー・カーキにも負けなかったんだ。このままケヴィン様らしく、アレクシス様を支えてあげてください」

 

f:id:sims7days:20200728013257j:plain

ケヴィン「……リックは何でも知っているんだな」

リック「これが仕事ですから」

 

 

 

 

 

f:id:sims7days:20200728013301j:plain

ケヴィン「ゴールド家にふさわしい人物……か」

 

f:id:sims7days:20200728013306j:plain

ケヴィン(学生時代は、よくセシルを連れ出していたっけ……)

 

f:id:sims7days:20200728013311j:plain

ケヴィン(セシルを助けたい一心でやったことだけど……ゴールド家側の執事からみれば、最悪な友達だよな)

 

f:id:sims7days:20200728013315j:plain

ケヴィン(現時点ですでにマイナスイメージが強いのに、どうやってプラスに転換させるんだ?)

 

f:id:sims7days:20200728013318j:plain

ケヴィン「はぁ……」

ローズ「すみません」

 

f:id:sims7days:20200728013322j:plain

ケヴィン「何か?」

 

f:id:sims7days:20200728013326j:plain

ローズ「ここって、ゴールド家のお屋敷ですよね?」

ケヴィン「そうだよ」

 

f:id:sims7days:20200728013330j:plain

ローズ「一番偉い人に会わせてください」

ケヴィン「……アポは取ってる?」

 

f:id:sims7days:20200728013334j:plain

ローズ「いいえ。でも、会ってくれるはずです」

ケヴィン「君は、一体……」

 

f:id:sims7days:20200728013338j:plain

ローズ「アレクシス・ゴールドさんにお伝えください」

 

f:id:sims7days:20200728013342j:plain

ローズ「あなたの『息子』が来ています……と」

 

f:id:sims7days:20200728013346j:plain

ケヴィン「………………え?」

 

 

----------------------------------------

踏まれたり蹴られたりのケヴィン。

  

にほんブログ村 ゲームブログ ザ・シムズシリーズへ

やる気スイッチです。応援よろしくお願いしますm(__)m