Sims 7 days

PC版『The Sims4』の創作Blogです。4つの世帯を中心に、オリジナルストーリーを展開中。※一部BL要素を含みます。

MENU

【Sims4】#28 ビジネスパートナー【Season 2】

f:id:sims7days:20200807170350j:plain
善行は、巡り巡って必ず返って来る。

 

 Season 1のまとめは、こちら。 

 Season 2の第1話は、こちら。 

 

 

 

f:id:sims7days:20200807170010j:plain

ジェシー「条件って?」

 

f:id:sims7days:20200807170015j:plain

セシル「お前には、俺の過去を色々と知られている。仕事のことも、プライベートのことも」

 

f:id:sims7days:20200807170021j:plain

セシル「その一切を口外しないと約束してくれるなら、この店の権利書を譲っても良い」

 

f:id:sims7days:20200807170026j:plain

ジェシー「『口止め料』……ってことか?」

セシル「そうだ」

 

f:id:sims7days:20200807170030j:plain

セシル「別にやましいことは何一つないが、今の立場上、過去のことが世間に知られれば面倒だ」

ジェシー「……」

 

f:id:sims7days:20200807170034j:plain

ジェシー「お前とのことを誰かに話したことはないし、今後も話すつもりはないけど……」

 

f:id:sims7days:20200807170038j:plain

ジェシー「口止め料に1000万シムオリオンも払うつもりか?」

 

f:id:sims7days:20200807170042j:plain

セシル「生きている人間の口を1000万シムオリオン程度で封じられるなら、安いものだ」

ジェシー(生きている人間……?)

 

f:id:sims7days:20200807170047j:plain

ジェシー「わかった、約束する。俺も面倒事は御免だからな」

 

f:id:sims7days:20200807170052j:plain

セシル「交渉成立だな。これで貸し借りなしだ」

ジェシー「元々、貸しも借りもないだろう?」

 

f:id:sims7days:20200807170056j:plain

セシル「権利書が手に入ったらお前に渡す。後は好きにしろ」

ジェシー「好きにって……」

 

f:id:sims7days:20200807170100j:plain

セシル「お前がオーナーになっても良いし、人に譲っても良い。言葉通りだ、好きにしろ」

 

f:id:sims7days:20200807170105j:plain

ジェシー「……」

 

f:id:sims7days:20200807170109j:plain

ジェシー(そういうことか……)

 

 

 

 

 

f:id:sims7days:20200807170113j:plain

ジェシー「セシル!」

 

f:id:sims7days:20200807170118j:plain

セシル「……何だ?」

 

f:id:sims7days:20200807170122j:plain

ジェシー「ありがとう」

 

f:id:sims7days:20200807170127j:plain

セシル「俺は取引きをしに来ただけだ。礼なんて言われる筋合いはない」

ジェシー「そうかよ」

 

f:id:sims7days:20200807170132j:plain

ジェシー「俺も、ただ礼が言いたかっただけだ」

セシル「……」

 

f:id:sims7days:20200807170137j:plain

ジェシー「あいつ元気か?」

セシル「あいつ……?」

 

f:id:sims7days:20200807170140j:plain

ジェシー「画家の先生だよ。他に誰がいるんだ」

セシル「あぁ……」

 

f:id:sims7days:20200807170145j:plain

ジェシー「今度飲みに来いよ。あいつも一緒に」

 

f:id:sims7days:20200807170150j:plain

セシル「……」

 

f:id:sims7days:20200807170154j:plain

セシル「気が向いたらな」

 

f:id:sims7days:20200807170158j:plain

セシル「何してんだ、行くぞ。ローズ」

 

f:id:sims7days:20200807170203j:plain

ローズ「あ、そっか。カイル置いてきたんだった」

セシル「お前なぁ……」

 

f:id:sims7days:20200807170207j:plain

ローズ「マリーちゃん、ジェシーさん。またね!」

 

f:id:sims7days:20200807170210j:plain

マリオン「落ち着いたら帰って来なさいよ」

ローズ「はーい」

 

 

 

 

 

f:id:sims7days:20200807170215j:plain

 

f:id:sims7days:20200807170219j:plain

マリオン「良かったじゃない。元彼と仲直りできて」

ジェシー「まぁな」

 

f:id:sims7days:20200807170223j:plain

ジェシー「それより、どうしようかな」

マリオン「ん?」

 

f:id:sims7days:20200807170226j:plain

ジェシー「無給で働いていた経営者見習いが、今やSan Myshunoで一番の人気ラウンジのオーナーだ」

マリオン「大出世ね」

 

f:id:sims7days:20200807170230j:plain

ジェシー「……冗談だよ」

 

f:id:sims7days:20200807170235j:plain

ジェシー「この店の権利書は、マスターにやる」

 

f:id:sims7days:20200807170239j:plain

マリオン「……あんた、この店の価値がわかっているの?」

 

f:id:sims7days:20200807170243j:plain

ジェシー「よくわかってるよ。マスターが、一生懸命作り上げた店だ」

 

f:id:sims7days:20200807170250j:plain

ジェシー「俺にはオーナーになる資格なんてない。この店は、今までもこれからもマスターの物だよ」

マリオン「……」

 

f:id:sims7days:20200807170256j:plain

マリオン「私は、オーウェンから解放されただけで十分よ」

 

f:id:sims7days:20200807170300j:plain

マリオン「私がこの店を買取れるくらい稼ぐまで、あんたがオーナーでいて頂戴」

ジェシー「……」

 

f:id:sims7days:20200807170304j:plain

ジェシー「じゃあさ、こうしようぜ」

マリオン「え?」

 

f:id:sims7days:20200807170308j:plain

ジェシー「この店の権利書はマスターに譲るから、俺を共同経営者にしてくれよ」

 

f:id:sims7days:20200807170312j:plain

マリオン「……嫌よ。共同経営はしないって言ったでしょう?」

 

f:id:sims7days:20200807170316j:plain

ジェシー「いいじゃん。俺は音楽で稼いだ金があるから、取り分で揉めたりしない。経営者としては初心者なんだから、基本方針はマスターに従う」

マリオン「でも……」

 

f:id:sims7days:20200807170320j:plain

ジェシー「やってみてダメなら、俺が引き下がる。この条件なら良いだろう?」

 

f:id:sims7days:20200807170324j:plain

ジェシー「長い付き合いなんだ。俺たちなら、ビジネスパートナーとしても絶対に上手くやれる」

 

f:id:sims7days:20200807170328j:plain

マリオン「……」

 

f:id:sims7days:20200807170333j:plain

マリオン「仕方ないわね……」

 

f:id:sims7days:20200807170337j:plain

マリオン「わかったわよ。あんたにオーナー面されるのも嫌だから、共同経営者ってことで良いわ」

 

f:id:sims7days:20200807170342j:plain

ジェシー「よろしく。ビジネスパートナーさん」

マリオン「はいはい、よろしくね」

 

f:id:sims7days:20200807170346j:plain

ジェシー「なぁ、『マリオン』って呼んで良い?」

マリオン「……新米経営者のクセに、あんまり調子に乗るんじゃないわよ」

 

 

----------------------------------------

ジェシーは、セシルと別れて以来自宅に帰っていないので、冷蔵庫の中身が心配です……。

 

にほんブログ村 ゲームブログ ザ・シムズシリーズへ

やる気スイッチです。応援よろしくお願いしますm(__)m