Sims 7 days

PC版『The Sims4』の創作Blogです。4つの世帯を中心に、オリジナルストーリーを展開中。※一部BL要素を含みます。

MENU

【Sims4】#48 Sulaniの洗礼【Season 2】

f:id:sims7days:20200827010856j:plain
その世界には、その世界の常識が存在する。

 

 Season 1のまとめは、こちら。 

 Season 2の第1話は、こちら。 

 

 

f:id:sims7days:20200827010601j:plain

ミア「ルナ、本当に大きくなったわね。改めて誕生日おめでとう」

 

f:id:sims7days:20200827010604j:plain

ルナ「ありがとう、お母さん」

 

f:id:sims7days:20200827010608j:plain

ルナ「バイオレットも美味しいお料理、ありがとう」

バイオレット「どういたしまして」

 

f:id:sims7days:20200827010612j:plain

ハワード「バイオレットさんが料理上手で助かります。ケーキも美味しかったですよ」

 

f:id:sims7days:20200827010617j:plain

バイオレット「喜んでもらえて良かったわ。ルナ、ハワードとウィルからプレゼントをもらったら?」

ルナ「うん!」

 

f:id:sims7days:20200827010621j:plain

ミア「……」

 

 

 

f:id:sims7days:20200827010624j:plain

ミア「あなた、先生のことハワードって呼んでいるの?」

バイオレット「えぇ」

 

f:id:sims7days:20200827010628j:plain

ミア「うらやま……じゃなくて、どうして?」

バイオレット「え?どうしてって……」

 

f:id:sims7days:20200827010632j:plain

バイオレット「ルナがそう呼んでいるから、そういうものだと思って……」

 

f:id:sims7days:20200827010636j:plain

バイオレット「でも、クリスやあなたを見ている限り『先生』呼びが正解みたいね」

 

f:id:sims7days:20200827010641j:plain

ミア「クリスさんにも会ったの?」

バイオレット「えぇ」

 

f:id:sims7days:20200827010645j:plain

ミア「なるほど、周りから固めていく作戦ね」

バイオレット「え?」

 

f:id:sims7days:20200827010649j:plain

ミア「ルナやクリスさんに取り入って、先生の恋人の座に収まろうとしているんでしょう?」

バイオレット「はぁ?」

 

f:id:sims7days:20200827010653j:plain

ミア「あぁ、もう!こんなことなら規則なんて守らずに、もっと頻繁に陸に来るべきだった……」

バイオレット「ちょっと待って、あなた何か誤解して……」

 

f:id:sims7days:20200827010657j:plain

ウィル「どうしたの?」

バイオレット「ウィル……」

 

f:id:sims7days:20200827010701j:plain

ミア「あなたは、確か先生の後輩って言っていたわね」

ウィル「えぇ」

 

f:id:sims7days:20200827010705j:plain

ウィル「高校の後輩で、バイオレットの彼氏です」

ミア「彼氏?」

 

f:id:sims7days:20200827010710j:plain

ミア「……あなたたち、付き合っているの?」

 

f:id:sims7days:20200827010714j:plain

ウィル「そう」

バイオレット「えぇ」

 

f:id:sims7days:20200827010718j:plain

ミア「……」

 

f:id:sims7days:20200827010722j:plain

ミア「ごめんなさい。今の話は全て忘れて、仲良くしましょう」

バイオレット「……」

 

f:id:sims7days:20200827010726j:plain

ミア「先生に女性の影が見えたら、こっそり教えてね」

バイオレット(この人、情緒不安定なのかしら……?)

 

 

 

 

 

f:id:sims7days:20200827010731j:plain

ルナ「うーん……」

 

f:id:sims7days:20200827010735j:plain

ハワード「どうしました?」

 

f:id:sims7days:20200827010739j:plain

ルナ「私はいつになったら人魚になれるのかな?」

ハワード「ルナちゃん……」

 

f:id:sims7days:20200827010743j:plain

ルナ「もうすぐティーンなのに、全然人魚になれないんだもん……」

 

f:id:sims7days:20200827010747j:plain

ミア「焦ることはないわ、ルナ」

 

f:id:sims7days:20200827010751j:plain

ミア「きっといつか人魚になれる日が来る。私の娘だもの」

 

f:id:sims7days:20200827010755j:plain

ルナ「でも、私の本当のお父さんは、人間なんでしょう?」

ミア「……えぇ」

 

f:id:sims7days:20200827010759j:plain

ルナ「ねぇ、お母さん。私のお父さんってどんな人だったの?」

ミア「それは……」

 

f:id:sims7days:20200827010804j:plain

ミア「また今度ね。ルナがもう少し大きくなったら、教えてあげる」

ルナ「いつもそればっかり」

 

f:id:sims7days:20200827010809j:plain

ミア「夜が来るわ。そろそろ帰らないと」

 

f:id:sims7days:20200827010813j:plain

ルナ「また会いに来てくれる?」

ミア「もちろん」

 

 

 

f:id:sims7days:20200827010817j:plain

ルナ「ウィル、バイオレット!お母さんが帰るって」

 

f:id:sims7days:20200827010821j:plain

ミア「またね、ルナ」

ルナ「またね、お母さん」

 

f:id:sims7days:20200827010825j:plain

バイオレット「あの……帰るって、船は?」

 

f:id:sims7days:20200827010829j:plain

ハワード「そんなものは必要ありませんよ」

バイオレット「え?」

 

f:id:sims7days:20200827010832j:plain

ルナ「気をつけてね!」

ミア「はーい!」

 

 

 

f:id:sims7days:20200827010836j:plain

バイオレット「……」

ウィル「……」

 

f:id:sims7days:20200827010840j:plain

バイオレット「……」

ウィル「……」

 

 

 

f:id:sims7days:20200827010844j:plain

ハワード「さぁ、ルナちゃん。クリスさんやライアンさんにお礼の電話をしましょうね」

ルナ「うん!クリスからもらった携帯電話、早速使ってみる」

 

f:id:sims7days:20200827010849j:plain

バイオレット「今……何が起こったの?」

ウィル「わからない。確かなのは……」

 

f:id:sims7days:20200827010853j:plain

ウィル「ルナの話は、本当だった……ってことかな」

 

 

----------------------------------------

当たり前に人魚が受け入れられている、Sulani世帯。

 

にほんブログ村 ゲームブログ ザ・シムズシリーズへ

やる気スイッチです。応援よろしくお願いしますm(__)m