Sims 7 days

PC版『The Sims4』の創作Blogです。4つの世帯を中心に、オリジナルストーリーを展開中。※一部BL要素を含みます。

MENU

【Sims4】#59 夢への第一歩【Season 2】

f:id:sims7days:20200907032130j:plain
夢を叶えるには、周囲の理解と協力が必要である。

 

 Season 1のまとめは、こちら。 

 Season 2の第1話は、こちら。 

 

 

f:id:sims7days:20200907031737j:plain

ルナ「ご馳走様でした」

 

f:id:sims7days:20200907031740j:plain

バイオレット「美味しかった?」

ルナ「うん、とっても!」

 

f:id:sims7days:20200907031744j:plain

ルナ「バイオレットは、Sulaniのレシピを全部マスターしたね」

バイオレット「そうね。ルナのおかげよ」

 

f:id:sims7days:20200907031748j:plain

ハワード「そういえばバイオレットさん、お仕事が見つかったそうですね」

 

f:id:sims7days:20200907031752j:plain

バイオレット「えぇ。売店がスタッフを募集していたから、応募することにしたわ」

 

f:id:sims7days:20200907031756j:plain

ハワード「売店ですか……それは少々、もったいないですね」

バイオレット「え?」

 

f:id:sims7days:20200907031759j:plain

ハワード「これほどの料理スキルがあるんです。レストランを始めてはいかがですか?」

 

f:id:sims7days:20200907031803j:plain

ウィル「良いですね。この島にはレストランがないから、みんな喜びます」

バイオレット「無理よ」

 

f:id:sims7days:20200907031807j:plain

バイオレット「私には、シェフの経験なんてないもの」

 

f:id:sims7days:20200907031812j:plain

ルナ「でもお母さんもバイオレットの料理、美味しいって言ってたよ。やってみたら?」

 

f:id:sims7days:20200907031816j:plain

ハワード「近いうちに島外に引っ越す人がいるんです。物件に一つ空きができるので、レストランに改装できないか見に行ってみてはいかがですか?」

 

f:id:sims7days:20200907031820j:plain

ウィル「そうですね。新居も必要だし、すぐに見に行ってみます」

バイオレット「ウィル……」

 

f:id:sims7days:20200907031824j:plain

ウィル「夢を叶えるチャンスだ。俺も手伝うから、挑戦してみようよ」

バイオレット「……」

 

f:id:sims7days:20200907031827j:plain

バイオレット「わかった。見るだけ見てみるわ」

 

f:id:sims7days:20200907031831j:plain

ルナ「楽しみだね」

ハワード「そうですね」

 

f:id:sims7days:20200907031835j:plain

ルナ「っ……」

ハワード「まだ痛みますか?」

 

f:id:sims7days:20200907031839j:plain

ウィル「ルナ、どうかした?」

ルナ「うん……最近ずっと、足が痛いの」

 

f:id:sims7days:20200907031843j:plain

ウィル「痛い?」

ハワード「ただの成長痛だと思いますが、これ以上悪化したら隣の島の病院に連れて行くつもりです」

 

f:id:sims7days:20200907031846j:plain

バイオレット「もしかしたら、その……人魚の体質が関係しているんじゃない?」

 

f:id:sims7days:20200907031850j:plain

ルナ「明日お母さんが来るから、聞いてみようかな」

ハワード「それが良いですね」

 

f:id:sims7days:20200907031854j:plain

バイオレット「原因がわかると良いけど……」

ウィル「そうだね」

 

 

 

f:id:sims7days:20200907031858j:plain

ミア「どう?ルナ」

 

f:id:sims7days:20200907031901j:plain

ルナ「うーん……海に入ると、少し楽かな」

 

f:id:sims7days:20200907031906j:plain

ハワード「やはり体質的な問題でしょうか?」

 

f:id:sims7days:20200907031910j:plain

ミア「人魚と人間の子供は、人魚になる前に『前兆』が現れると聞いたことがあります。もしかしたら、これがその前兆なのかも……」

 

f:id:sims7days:20200907031914j:plain

ハワード「人魚になるのはルナちゃんの夢ですが、痛みが伴うのは辛いですね」

ミア「えぇ……」

 

f:id:sims7days:20200907031919j:plain

ミア「今まで以上に、様子を見に来るようにします」

ハワード「私も、足の痛みを楽にする方法がないか調べてみます」

 

f:id:sims7days:20200907031923j:plain

ミア「……」

 

f:id:sims7days:20200907031927j:plain

ハワード「大丈夫ですよ。私はもちろん、ウィリアムやバイオレットさんもついていますから」

 

f:id:sims7days:20200907031931j:plain

ミア「先生……」

 

f:id:sims7days:20200907031935j:plain

ミア「ありがとうございます」

 

 

 

 

 

f:id:sims7days:20200907031939j:plain

セシル「……というわけで」

 

f:id:sims7days:20200907031943j:plain

セシル「今後は、ジュリアンを俺の後継者として教育することにした」

 

f:id:sims7days:20200907031946j:plain

セシル「いずれは新規事業の責任者にするから、ビジネスの基本を叩き込んでやってくれ」

 

f:id:sims7days:20200907031950j:plain

クリス「待ってください、会長。俺に秘書の仕事だけでなく、ジュリアンさんの指導までしろと言うんですか?」

 

 

f:id:sims7days:20200907031955j:plain

セシル「……今の俺の話、聞こえていなかったのか?」

クリス「聞こえた上で納得できないって言ってるんですよ」

 

f:id:sims7days:20200907031959j:plain

セシル「もちろん、相応の礼はさせてもらう」

クリス「……礼?」

 

f:id:sims7days:20200907032003j:plain

セシル「ビクトリア、クリスはお前のことが好きだそうだ。クリス、ビクトリアはお前のことが好きだそうだ」

 

f:id:sims7days:20200907032006j:plain

セシル「両想いで良かったな」

 

f:id:sims7days:20200907032010j:plain

クリス「……え?」

ビクトリア「……え?」

 

f:id:sims7days:20200907032014j:plain

セシル「お前たちを待っていたら、定年退職を迎えることになる。そろそろ交際くらい始めろ。以上だ」

 

f:id:sims7days:20200907032018j:plain

セシル「ジュリアン、行くぞ」

 

f:id:sims7days:20200907032022j:plain

クリス「……」

ビクトリア「……」

 

f:id:sims7days:20200907032027j:plain

クリス「これって……」

ビクトリア「何も言わないで」

 

f:id:sims7days:20200907032031j:plain

クリス「……はい」

 

 

 

f:id:sims7days:20200907032035j:plain

セシル「聞いた通りだ、お前はしばらくクリスと行動しろ」

 

f:id:sims7days:20200907032040j:plain

ジュリアン「……あのさ、兄さん」

 

f:id:sims7days:20200907032045j:plain

セシル「会長」

ジュリアン「……会長」

 

f:id:sims7days:20200907032048j:plain

ジュリアン「まさか本当にこのまま俺に継がせる気じゃないよね?」

セシル「どういう意味だ?」

 

f:id:sims7days:20200907032052j:plain

ジュリアン「万が一に備えて、後継者になることは了承したけど……ゴールド家の血を引く人間が後継者になるべきだ」

 

f:id:sims7days:20200907032055j:plain

セシル「その後継者がいないから、お前に頼んでいるんだ」

 

f:id:sims7days:20200907032059j:plain

ジュリアン「結婚して子供を残す気はないの?」

セシル「……」

 

f:id:sims7days:20200907032103j:plain

セシル「今のところ考えていない」

 

f:id:sims7days:20200907032107j:plain

ジュリアン「ケヴィンとは恋人のまま?」

セシル「そうだな」

 

f:id:sims7days:20200907032111j:plain

ジュリアン「ケヴィンは納得しているの?」

 

f:id:sims7days:20200907032115j:plain

セシル「……」

 

f:id:sims7days:20200907032118j:plain

ジュリアン「私生活に口を出すつもりはないけど、後継者問題となれば話は別だ」

 

f:id:sims7days:20200907032122j:plain

ジュリアン「二人でちゃんと話し合ってよね。できれば、結婚して子供を残す方向で」

セシル「……」

 

f:id:sims7days:20200907032126j:plain

セシル「……わかった」

 

 

----------------------------------------

セシルにバレたのが、運の尽き。

 

にほんブログ村 ゲームブログ ザ・シムズシリーズへ

やる気スイッチです。応援よろしくお願いしますm(__)m