Sims 7 days

PC版『The Sims4』の創作Blogです。4つの世帯を中心に、オリジナルストーリーを展開中。※一部BL要素を含みます。

MENU

【Sims4】#77 特別な日常【Season 2】

f:id:sims7days:20200925031324j:plain
当たり前が当たり前であることこそが、特別である。

 

 Season 1のまとめは、こちら。 

 Season 2の第1話は、こちら。 

 

 

f:id:sims7days:20200925030958j:plain

ワイアット「私が教えられることは、以上です」

 

f:id:sims7days:20200925031002j:plain

ケヴィン「……」

ワイアット「ケヴィン様、ゴールド家に入る準備はできました。もっと自信を持たれてください」

 

f:id:sims7days:20200925031006j:plain

ケヴィン「確かに、ワイアットのお陰で知識は身についたけど……結局中身は変わってないし……」

 

f:id:sims7days:20200925031010j:plain

ケヴィン「俺はセシルと違って自信家じゃないから、今後上手く立ち回れるかわからない」

 

f:id:sims7days:20200925031014j:plain

ワイアット「変わっていない……ですか。確かに、その通りですね」

ケヴィン「え?」

 

f:id:sims7days:20200925031019j:plain

ワイアット「ですが、それこそがあなたの魅力です」

ケヴィン「俺の魅力?」

 

f:id:sims7days:20200925031022j:plain

ワイアット「財力や権力を前にすると、人は変わってしまうものです。実際にアレクシス様の周りでも、見たことがあるでしょう?」

ケヴィン「あぁ……」

 

f:id:sims7days:20200925031026j:plain

ケヴィン「友達だと思っていても、ゴールド家の人間だとわかった途端に目の色を変える奴もいたな」

ワイアット「えぇ」

 

f:id:sims7days:20200925031031j:plain

ワイアット「しかし、その方を責めることはできません。変わることこそが自然なのです」

ケヴィン「……そうなのか?」

 

f:id:sims7days:20200925031035j:plain

ワイアット「アレクシス様の側で変わらずに在り続ける存在は、あなたくらいです」

 

f:id:sims7days:20200925031039j:plain

ケヴィン「……俺が変だって言いたいのか?」

ワイアット「いいえ、魅力だと言っているのです。アレクシス様も、きっと変わらないあなたに惹かれたのでしょう」

 

f:id:sims7days:20200925031043j:plain

ワイアット「どうぞプロポーズなさってください。リックもマリアも、それを望んでいます」

 

f:id:sims7days:20200925031047j:plain

ワイアット「もちろん、私も」

 

f:id:sims7days:20200925031051j:plain

ケヴィン「ワイアット……」

 

f:id:sims7days:20200925031055j:plain

ケヴィン「ありがとう」

 

 

 

 

 

f:id:sims7days:20200925031059j:plain

ケヴィン「セシル」

 

f:id:sims7days:20200925031103j:plain

セシル「ん……」

ケヴィン「朝だぞ、起きろよ」

 

f:id:sims7days:20200925031106j:plain

セシル「何だよ……俺は夕方まで寝る予定だ」

 

f:id:sims7days:20200925031110j:plain

ケヴィン「今日は大切な記念日だろう?」

セシル「記念日?」

 

f:id:sims7days:20200925031114j:plain

ケヴィン「俺たちが付き合い始めて2周年の交際記念日だ」

 

f:id:sims7days:20200925031118j:plain

セシル「交際記念日って……お前は女子高生か」

 

f:id:sims7days:20200925031122j:plain

ケヴィン「大切なことだろう?」

セシル「はいはい」

 

f:id:sims7days:20200925031126j:plain

セシル「……去年は1周年記念なんて祝ったか?」

ケヴィン「いや、でも2周年は特別だ」

 

f:id:sims7days:20200925031129j:plain

セシル「普通、1周年の方が大切だろう?」

 

f:id:sims7days:20200925031133j:plain

ケヴィン「今日は交際記念日だけじゃなくて、婚約記念日にもなる予定だから」

セシル「婚約?」

 

f:id:sims7days:20200925031138j:plain

ケヴィン「なぁ、セシル。俺と結婚してくれるか?」

セシル「……」

 

f:id:sims7days:20200925031143j:plain

セシル「プロポーズのつもりか?」

ケヴィン「そうだ」

 

f:id:sims7days:20200925031147j:plain

ケヴィン「本当は、オシャレなレストランや夜景の見えるラウンジに連れて行きたかったんだけど……お前はもう飽きるほど利用しているだろう?」

 

f:id:sims7days:20200925031151j:plain

ケヴィン「だから、もっと特別なシーンでプロポーズすることにしたんだ」

セシル「特別?」

 

f:id:sims7days:20200925031154j:plain

ケヴィン「あぁ。お前にとっては『普通』であることこそが、特別だろう?」

セシル「……」

 

f:id:sims7days:20200925031159j:plain

ケヴィン「一緒に過ごせる時間は少ないし、お互いに毎日どこで何をしているのかもよくわからない。それでも……」

 

f:id:sims7days:20200925031203j:plain

ケヴィン「寝ているお前を俺が起こして、一緒に朝食をとる。朝の習慣だけは、毎日変わらない」

 

f:id:sims7days:20200925031207j:plain

ケヴィン「当たり前の日常こそが、俺たちにとっては特別だ。俺はこれから先、何年も何十年も、この特別な朝をお前と迎えたい」

 

f:id:sims7days:20200925031211j:plain

ケヴィン「アレクシス・セシル・ホワイト=ゴールド」

 

f:id:sims7days:20200925165752j:plain

セシル「俺と結婚してください」

 

 

 

f:id:sims7days:20200925031219j:plain

セシル「……なるほど」

 

f:id:sims7days:20200925031223j:plain

セシル「1回目のプロポーズよりはマシだな」

ケヴィン「セシル……」

 

f:id:sims7days:20200925031227j:plain

セシル「ケヴィン・グリーン」

 

f:id:sims7days:20200925031232j:plain

セシル「お前がケヴィン・ゴールドになってくれるというなら、OKだ」

 

f:id:sims7days:20200925031236j:plain

ケヴィン「決まりだな」

 

f:id:sims7days:20200925031241j:plain

ケヴィン「ようやく、本物の家族になれる」

セシル「そうだな」

 

 

 

f:id:sims7days:20200925031245j:plain

ケヴィン「……」

 

f:id:sims7days:20200925031249j:plain

ケヴィン「なぁ、セシル」

セシル「ん?」

 

f:id:sims7days:20200925031254j:plain

ケヴィン「俺からも一つ、お願いがある」

セシル「何だよ?改まって……」

 

f:id:sims7days:20200925031258j:plain

ケヴィン「頼むから、俺より先には死なないでくれ」

 

f:id:sims7days:20200925031302j:plain

セシル「ケヴィン……?」

ケヴィン「俺はもう、大切な人を失いたくないんだ」

 

f:id:sims7days:20200925031307j:plain

セシル「……そうか」

 

f:id:sims7days:20200925031311j:plain

セシル「約束はできないが、健康的な生活を心がけるようにする」

ケヴィン「健康的な生活……」

 

f:id:sims7days:20200925165700j:plain

ケヴィン「そうだ、朝の習慣にランニングも加えるか?時々リックやテディと走るんだけど、10kmも走ると気持ちが良いぞ」

 

f:id:sims7days:20200925031320j:plain

セシル「……お前は俺を殺す気か?」

 

 

----------------------------------------

リリアンも天国で祝福してくれているはずです。

 

 1回目のプロポーズのお話は、こちら。 

にほんブログ村 ゲームブログ ザ・シムズシリーズへ

やる気スイッチです。応援よろしくお願いしますm(__)m