Sims 7 days

PC版『The Sims4』の創作Blogです。4つの世帯を中心に、オリジナルストーリーを展開中。※一部BL要素を含みます。

MENU

【Sims4】#83 監督不行届【Season 2】

f:id:sims7days:20201001013742j:plain
愛情が深いほどに神経質になるのが、親の性分。

 

 Season 1のまとめは、こちら。 

 Season 2の第1話は、こちら。 

 

 

f:id:sims7days:20201001013048j:plain

ディラン「義姉さんから呼び出しなんて、珍しいな」

 

f:id:sims7days:20201001013051j:plain

ディラン「それで?用って何?」

 

f:id:sims7days:20201001013056j:plain

リタ「あなたたちの交際について、話があるの」

エマ「話って?」

 

f:id:sims7days:20201001013100j:plain

リタ「結婚の話が出ているそうね」

エマ「え?」

 

f:id:sims7days:20201001013104j:plain

エマ「どうしてそれを……」

 

f:id:sims7days:20201001013108j:plain

リタ「エマのお父様から電話があったの」

エマ「え……?パパ、リタに電話したの!?」

 

f:id:sims7days:20201001013112j:plain

リタ「そうよ。娘が何するか分からないから、よく見ておいてくれってね」

エマ「信じられない……」

 

f:id:sims7days:20201001013116j:plain

ライアン「怒られたのか?」

リタ「怒ってはいなかったけど、とても心配されていたわ」

 

f:id:sims7days:20201001013120j:plain

リタ「ディランは、大学を卒業してもどんな仕事に就くか分からないし、エマは高校を卒業するまであと2年もある」

 

f:id:sims7days:20201001013124j:plain

リタ「まだ自分のことで精一杯なのに、結婚ですって?お父様が心配されるのも無理ないわ」

 

f:id:sims7days:20201001013129j:plain

ディラン「俺たちは、今すぐに結婚するなんて言ってないって」

 

f:id:sims7days:20201001013133j:plain

リタ「未成年者相手に、口に出すこと自体が問題なのよ」

エマ「そんな……」

 

f:id:sims7days:20201001013137j:plain

リタ「ライアン、こうなったのはあなたがしっかりディランを見ていないせいよ」

ライアン「え?俺?」

 

f:id:sims7days:20201001013142j:plain

リタ「ラナを妊娠した時に約束したわよね?あなたがディランを監督するって」

 

f:id:sims7days:20201001013145j:plain

リタ「いつかこうなると思ったから、あれだけ必死にお願いしていたのに……」

 

f:id:sims7days:20201001013149j:plain

ライアン「大きな問題にはなっていないだろう?」

リタ「親御さんに心配をかけたことが、大きな問題よ!」

 

f:id:sims7days:20201001013153j:plain

リタ「私たちを信頼して娘さんを任せてくれているのに、その信頼を裏切ったのよ?」

 

f:id:sims7days:20201001013157j:plain

エマ「待ってよ、私たち何も悪いことしてない」

 

f:id:sims7days:20201001013201j:plain

エマ「もう大人なんだから、将来のことくらい語ったって……」

リタ「大人?親御さんに学費を出してもらっているうちは、大人とは言わないの!」

 

f:id:sims7days:20201001013206j:plain

エマ「……」

ライアン「……」

 

 

 

f:id:sims7days:20201001013211j:plain

ライアン「リタもお父さんも、心配し過ぎだとは思うけど……まぁ、一理あるな」

 

f:id:sims7days:20201001013215j:plain

ディラン「兄貴?」

 

f:id:sims7days:20201001013220j:plain

ライアン「お前たちは、エイデンが公園に遊びに行くと言い出したら、一人で行かせるか?」

エマ「え?まさか」

 

f:id:sims7days:20201001013224j:plain

ライアン「どうして?エイデンは公園の場所も、公園へ行くルートも知っている。どうして一人で行かせたらいけないんだ?」

 

f:id:sims7days:20201001013228j:plain

ディラン「だって、危ないだろう?車に轢かれるかもしれないし、迷子になるかもしれない。誘拐されるかも……」

 

f:id:sims7days:20201001013233j:plain

ライアン「そうだな。親御さんの気持ちが、少しはわかるだろう?」

ディラン「……」

 

f:id:sims7days:20201001013236j:plain

ライアン「エマ、お父さんはお前を信用していないわけじゃない。不安なんだ」

エマ「不安?」

 

f:id:sims7days:20201001013240j:plain

ライアン「世間には、自分の力ではどうにもできない、理不尽な出来事がたくさん転がっている」

 

f:id:sims7days:20201001013245j:plain

ライアン「本当に大人なら、どんな理不尽な出来事に遭遇しても上手く対処できるだろう。でも、お前たちにはまだそのスキルがない」

 

f:id:sims7days:20201001013249j:plain

ライアン「夢を見るのは勝手だけど、夢を語るなら、まずは周囲を安心させないとな」

 

f:id:sims7days:20201001013252j:plain

ディラン「安心?」

ライアン「そうだ」

 

f:id:sims7days:20201001013256j:plain

ライアン「ディラン、お前はまず将来の道を決めろ。大学を卒業して仕事を探して、一人前の大人であると証明するんだ」

 

f:id:sims7days:20201001013301j:plain

ライアン「エマ、お前は高校を卒業して、Britechester大学に入学すること。勉強を最優先にしていることを証明して、お父さんを安心させるんだ」

 

f:id:sims7days:20201001013305j:plain

ライアン「お前たちが大人で、十分生きていけるスキルを身につけていると証明できれば、もう誰も文句は言わないだろう」

 

f:id:sims7days:20201001013308j:plain

エマ「……」

 

f:id:sims7days:20201001013312j:plain

エマ(結婚って何気なく口にしただけなのに、まさかこんな大事になるなんて……)

 

f:id:sims7days:20201001013317j:plain

エマ(私の一言が、そんなにパパを不安にさせたの?)

 

 

 

 

 

f:id:sims7days:20201001013321j:plain

ワイアット「イヴ」

 

f:id:sims7days:20201001013325j:plain

ワイアット「私に何か用か?」

 

f:id:sims7days:20201001013329j:plain

イヴ「いいえ。私はただ、ワイアット様のお顔を拝見しているだけです」

 

f:id:sims7days:20201001013333j:plain

イヴ「どうぞお気になさらないでください」

ワイアット「……」

 

f:id:sims7days:20201001013338j:plain

ワイアット「私の顔など見て、楽しいか?」

 

f:id:sims7days:20201001013342j:plain

イヴ「楽しいというよりも……とても幸せな気持ちになれます」

ワイアット「……幸せ?」

 

f:id:sims7days:20201001013346j:plain

ワイアット「まだ交際したいと思っているのか?」

イヴ「……」

 

f:id:sims7days:20201001013350j:plain

イヴ「私はいつだって、ワイアット様の特別になりたいと思っています」

 

f:id:sims7days:20201001013354j:plain

ワイアット「……」

 

f:id:sims7days:20201001013357j:plain

ワイアット「わかった」

イヴ「ワイアット様?」

 

f:id:sims7days:20201001013401j:plain

ワイアット「アレクシス様にお仕えすることは、何よりも大切な私の誇りだ」

 

f:id:sims7days:20201001013406j:plain

ワイアット「恋人ができたとしても、ゴールド家よりも優先することはできない」

 

f:id:sims7days:20201001013409j:plain

ワイアット「それでも構わないというのなら、交際しても良い」

 

f:id:sims7days:20201001013413j:plain

イヴ「……本当ですか?」

ワイアット「本当だ」

 

f:id:sims7days:20201001013417j:plain

イヴ「……」

 

f:id:sims7days:20201001013421j:plain

イヴ「ワイアット様」

 

f:id:sims7days:20201001013425j:plain

イヴ「大好きです」

ワイアット「イヴ……」

 

 

----------------------------------------

厄介でしかなかったイヴが、一周回って可愛く見えてきたワイアット。

 

にほんブログ村 ゲームブログ ザ・シムズシリーズへ

やる気スイッチです。応援よろしくお願いしますm(__)m