Sims 7 days

PC版『The Sims4』の創作Blogです。4つの世帯を中心に、オリジナルストーリーを展開中。※一部BL要素を含みます。

MENU

【Sims4】#91 元祖Sulani世帯【Season 2】

f:id:sims7days:20201009153558j:plain
思いつきの行動が、吉と出ることもある。

 

 Season 1のまとめは、こちら。 

 Season 2の第1話は、こちら。 

 

 

f:id:sims7days:20201009153230j:plain

 

f:id:sims7days:20201009153234j:plain

 

f:id:sims7days:20201009153238j:plain

 

 

 

 

 

f:id:sims7days:20201009153242j:plain

ミア「バイオレットさん、ありがとう」

 

f:id:sims7days:20201009153246j:plain

ミア「こんなに素敵なレストランで結婚式ができて、本当に幸せだわ」

バイオレット「準備が間に合って良かった」

 

f:id:sims7days:20201009153251j:plain

バイオレット「私もレストランの最初の仕事が、あなたたちの結婚式で嬉しいわ」

 

 

 

f:id:sims7days:20201009153258j:plain

クリス「まさか昨日結婚が決まって、今日結婚式になるとは……」

 

f:id:sims7days:20201009153304j:plain

ルナ「だって、せっかくクリスが帰って来てるんだもん。善は急げでしょう?」

クリス「そうだけど……」

 

f:id:sims7days:20201009153308j:plain

ルナ「お母さんが結婚式の計画を決めておいてくれて良かった」

クリス「……あぁ」

 

 

 

f:id:sims7days:20201009153312j:plain

クリス「明日!?」

 

f:id:sims7days:20201009153317j:plain

クリス「いくらなんでも、急すぎる。お母さんだって、時間をかけて結婚式の計画を立てたいはずじゃ……」

ミア「大丈夫よ、クリスさん」

 

f:id:sims7days:20201009153321j:plain

ミア「結婚式の計画なら、もうバッチリ練ってあるから」

クリス「……え?」

 

 

 

f:id:sims7days:20201009153326j:plain

クリス「会場の飾り付けから式の進行まで……引くほど綿密に計画しておいてくれて良かった」

 

f:id:sims7days:20201009153331j:plain

ルナ「計画も良かったけど、実現できたのはバイオレットのおかげだよ」

クリス「そうだな。それにしても……」

 

f:id:sims7days:20201009153335j:plain

ライアン「いやー、先生が結婚する日が来るなんて、夢にも思いませんでした」

クリス「どうしてお前がここにいるんだ?」

 

f:id:sims7days:20201009153339j:plain

ルナ「結婚式をするならライアンとリタも呼びたいと思って、ダメ元で呼んでみたの」

 

f:id:sims7days:20201009153343j:plain

ルナ「まさか本当に来てくれると思わなかった。ありがとう、ライアン」

ライアン「どういたしまして」

 

f:id:sims7days:20201009153347j:plain

ライアン「本当はリタも来たがっていたけど、さすがに子供たちだけを残していくことはできないから、代表で俺だけ来ました」

 

f:id:sims7days:20201009153351j:plain

クリス「……お前、仕事はどうしたんだ?」

ライアン「先輩、俺は自然保護団体の代表ですよ?」

 

f:id:sims7days:20201009153355j:plain

ライアン「休み放題です」

クリス(なんて信用の置けない団体なんだ……)

 

f:id:sims7days:20201009153359j:plain

クリス「リタは大丈夫なのか?」

ライアン「大丈夫です」

 

f:id:sims7days:20201009153404j:plain

ライアン「クロエにエマ、ディランもいますから」

クリス「まぁ、お前よりは頼りになるな」

 

 

 

f:id:sims7days:20201009153408j:plain

ハワード「クリスさん、ライアンさん」

 

f:id:sims7days:20201009153413j:plain

ライアン「先生、おめでとうございます」

ハワード「ありがとうございます」

 

f:id:sims7days:20201009153418j:plain

クリス「急遽決まったとは思えない、立派な式でしたね」

ハワード「みなさんの協力のおかげです」

 

f:id:sims7days:20201009153421j:plain

ハワード「ライアンさんも突然連絡したにも関わらず、来てくださってありがとうございます」

 

f:id:sims7days:20201009153426j:plain

ライアン「先生が結婚するとなれば、いつだって駆けつけますよ」

 

f:id:sims7days:20201009153430j:plain

ライアン「おかげで、またこうして集まることができた」

 

f:id:sims7days:20201009153434j:plain

ライアン「そういえば、Sulaniもだいぶ変わりましたね」

ハワード「はい」

 

f:id:sims7days:20201009153438j:plain

ハワード「ここ数年で、人口も観光客も増えました」

ライアン「自然保護にも力を入れないといけませんね」

 

f:id:sims7days:20201009153442j:plain

ハワード「えぇ……その件について、ライアンさんにお伝えしておきたいことがあったんです」

ライアン「何ですか?」

 

f:id:sims7days:20201009153446j:plain

バイオレット「さぁ、料理ができたわよ!」

 

f:id:sims7days:20201009153450j:plain

バイオレット「みんなで食べましょう」

 

f:id:sims7days:20201009153454j:plain

ライアン「おめでたい席なんだから、真面目な話は後にしましょう」

クリス「そうだな」

 

f:id:sims7days:20201009153458j:plain

ライアン「先生、行きましょう」

ハワード「はい」

 

f:id:sims7days:20201009153502j:plain

ハワード「……」

 

 

 

 

 

f:id:sims7days:20201009153506j:plain

ルナ「そういえば、クリスとライアンはどこに泊まるの?」

クリス「え?」

 

f:id:sims7days:20201009153510j:plain

ルナ「ライアンが使っていた寝室は、今はウィルとバイオレットが使ってるよ。それにクリスが使っていた寝室は、ハワードとお母さんが使う予定」

クリス「そうか……」

 

f:id:sims7days:20201009153515j:plain

クリス「ライアン、リタの家は?」

ライアン「今は人に貸してます」

 

f:id:sims7days:20201009153519j:plain

ウィル「俺たちが寝室を空けるよ」

 

f:id:sims7days:20201009153523j:plain

クリス「……ウィルとバイオレットはどこに泊まるんだ?」

 

f:id:sims7days:20201009153527j:plain

バイオレット「このレストラン、奥に居住スペースがあるの。そこに泊まるわ」

 

f:id:sims7days:20201009153531j:plain

ライアン「それなら、俺と先輩がそこに泊まれば良いんじゃないですか?」

クリス「あぁ、そうだな」

 

f:id:sims7days:20201009153535j:plain

バイオレット「あ、でも……」

クリス「何?」

 

f:id:sims7days:20201009153540j:plain

バイオレット「ここの寝室、ダブルベットだけど大丈夫?」

クリス「え?」

 

f:id:sims7days:20201009153543j:plain

ライアン「先輩……」

 

f:id:sims7days:20201009153548j:plain

ライアン「変なことしたら、大声出しますからね」

クリス「……」

 

f:id:sims7days:20201009153553j:plain

クリス「お前は公共施設泊まり決定だな」

 

 

----------------------------------------

ライアンは、呼べばワンコより簡単に来てくれます。

 

にほんブログ村 ゲームブログ ザ・シムズシリーズへ

やる気スイッチです。応援よろしくお願いしますm(__)m