Sims 7 days

PC版『The Sims4』の創作Blogです。4つの世帯を中心に、オリジナルストーリーを展開中。※一部BL要素を含みます。

MENU

【Sims4 WG】#15 番犬(後編)

f:id:sims7days:20200508024203j:plain
命を掛けて護りたいと思える主人に出会えたら、それ以上の幸せはないーー

 

↓前編はこちら。

  

 

f:id:sims7days:20200508023929j:plain

アレクシスがゴールド家に引き取られてから、数ヶ月……。

アレクサンダー・ゴールドへの恨みや憎しみは、当然のように息子にも向いた。

 

f:id:sims7days:20200508023934j:plain

まだ10歳にも満たないアレクシスは、敵からすれば格好の獲物だったのだーー

 

f:id:sims7days:20200508023939j:plain

いつものように学校に迎えに行った時、事件は起きた。

 

f:id:sims7days:20200508023944j:plain

向かって来る暴漢から、アレクシスを守ろうとして……。

 

f:id:sims7days:20200508023948j:plain

俺は、負傷した。

 

 

 

f:id:sims7days:20200508023952j:plain

我ながら情けない……。

 

f:id:sims7days:20200508023956j:plain

親父の二の舞にならないように、護衛体制を見直すべきだろうか?

 

f:id:sims7days:20200508024000j:plain

病院で手当てを受けながら、そんなことを考えた。

 

 

 

f:id:sims7days:20200508024004j:plain

ゴールド邸に戻ると、部下と一緒にアレクシスが待っていた。

 

f:id:sims7days:20200508024008j:plain

もう寝る時間だというのに、着替えもせずに何をしているのだろう?

そんなことを思っていると、アレクシスは申し訳なさそうに寄って来た。

 

f:id:sims7days:20200508024012j:plain

アレクシス「……ごめんなさい!ごめんなさい、僕のせいで……」

 

f:id:sims7days:20200508024015j:plain

人目もはばからず泣きじゃくるアレクシスを見て、俺はただただホッとした。

なんだ、ちゃんと子供みたいに泣けるんじゃないか……と。

 

f:id:sims7days:20200508024020j:plain

リック「気になさらないでください。これが、俺達護衛係の仕事なんです」

アレクシス「でも……!」

 

f:id:sims7days:20200508024024j:plain

リック「金も権力もどうでも良い。番犬と蔑まれても構わない」

 

f:id:sims7days:20200508024028j:plain

リック「あなたが元気でいてくれることこそが、俺達護衛係の誇りなんです」

 

f:id:sims7days:20200508024033j:plain

リック「だからアレクシス様、笑ってください」

アレクシス「……うん」

 

f:id:sims7days:20200508024036j:plain

この一件以来、アレクシス様は少しずつ心を開いてくれるようになった。

 

f:id:sims7days:20200508024040j:plain

大人びたことを言うかと思えば、子供のように無邪気に笑う。

コロコロ変わる表情が面白くて、俺はアレクシス様を弟のように可愛がった。

 

f:id:sims7days:20200508024044j:plain

どんな状況下でもたくましく生きられるように、良いことも悪いことも全て教えた。

 

f:id:sims7days:20200508024048j:plain

庶民の家に生まれ、貴族の家に引き取られたアレクシス様……。

 

f:id:sims7days:20200508024053j:plain

どちらも経験したアレクシス様は、護衛係とも使用人とも平等に接してくれた。

 

f:id:sims7days:20200508024056j:plain

そんなアレクシス様を見て、俺達護衛係と使用人の間のわだかまりも、自然と溶け始めた。 

 

f:id:sims7days:20200508024101j:plain

この聡明で心優しいアレクシス様を、いずれゴールド家の当主にーー

そんな願いが、俺達の結びつきを強くしたのだろう。

 

 

 

 

 

f:id:sims7days:20200508024105j:plain

ワイアット「またこんなところでサボっていたのか?」

 

f:id:sims7days:20200508024110j:plain

リック「……」

ワイアット「どうした?」

 

f:id:sims7days:20200508024115j:plain

リック「そういえば、お前とマリアだけだな。俺達を『番犬』と呼ばなかったのは……」

ワイアット「……今頃、何の話だ?」

 

f:id:sims7days:20200508024122j:plain

リック「グレージュ家の執事長様であるお前は、誰よりも俺達を認めたくなかったはずだろう?なぜ、黙っていたんだ?」

 

f:id:sims7days:20200508024126j:plain

ワイアット「君達が優秀だということは、知っていた。それに……」

 

f:id:sims7days:20200508024130j:plain

ワイアット「君達をゴールド家に迎え入れたのは、アレクサンダー様だ。護衛係を貶めるということは、主人であるアレクサンダー様を貶めるということ」

 

f:id:sims7days:20200508024134j:plain

ワイアット「護衛係には護衛係のプライドがあるように、執事にも執事のプライドがある」

 

f:id:sims7days:20200508024139j:plain

ワイアット「私にとって、主人の決定は絶対だ。たとえ白いものでも、アレクサンダー様が黒だといえば、黒だと肯く。それが、執事だ」

リック「……なるほどね」

 

f:id:sims7days:20200508024143j:plain

ワイアット「それより、奥様とは上手くいっているのか?」

リック「あぁ」

 

f:id:sims7days:20200508024147j:plain

リック「マリアには……」

ワイアット「伝えていないし、伝えるつもりもない」

 

f:id:sims7days:20200508024150j:plain

リック「……それが良いだろうな」

 

f:id:sims7days:20200508024154j:plain

アレクシス様を護るためなら、手段は選ばない。

例え、友人を裏切ることになったとしても。

 

f:id:sims7days:20200508024158j:plain

それが、俺のやり方だーー

 

 

----------------------------------------

団結できたのは、多分憎まれ役(レイチェル)のお陰。

 
にほんブログ村 ゲームブログ ザ・シムズシリーズへ

やる気スイッチです。応援よろしくお願いしますm(__)m