Sims 7 days

PC版『The Sims4』の創作Blogです。4つの世帯を中心に、オリジナルストーリーを展開中。※一部BL要素を含みます。

MENU

【Sims4 WG】#22 準備

f:id:sims7days:20200606001300j:plain
百の言い訳をするよりも、たった一度の抱擁が大事ーー

 

f:id:sims7days:20200606001019j:plain

ワイアット「失礼致します」

 

f:id:sims7days:20200606001023j:plain

ワイアット「旦那様、お客様がお見えです」

アレクサンダー「あぁ……通してくれ」

 

f:id:sims7days:20200606001028j:plain

ビクトリア「ご無沙汰しております。会長」

 

f:id:sims7days:20200606001032j:plain

アレクサンダー「久しぶりだな、ビクトリア」

 

f:id:sims7days:20200606001035j:plain

アレクサンダー「こんな格好で申し訳ない」

ビクトリア「どうかそのままで」

 

f:id:sims7days:20200606001041j:plain

ビクトリア「お体の調子はいかがですか?」

 

f:id:sims7days:20200606001045j:plain

アレクサンダー「相変わらずだ」

ビクトリア「そうですか……」

 

f:id:sims7days:20200606001049j:plain

アレクサンダー「経営陣はどうだ?会社に変わりはないか?」

 

f:id:sims7days:20200606001053j:plain

ビクトリア「はい、問題ありません。皆、アレクサンダー様の身を案じております」

アレクサンダー「迷惑をかけてすまない」

 

f:id:sims7days:20200606001057j:plain

アレクサンダー「私もこんな調子だ。君達も、代替わりの準備をしてくれ」

ビクトリア「……」

 

f:id:sims7days:20200606001101j:plain

ビクトリア「後継者は、やはりアレクシス様ですか?」

アレクサンダー「そのつもりだ」

 

f:id:sims7days:20200606001105j:plain

アレクサンダー「君はどう思う?」

 

f:id:sims7days:20200606001109j:plain

ビクトリア「アレクシス様は、私が会社に入社したばかりの頃にお会いしました」

 

f:id:sims7days:20200606001112j:plain

ビクトリア「まだ高校生なのに、しっかり手腕を発揮されていて……会長のお姿を重ねたのを覚えています」

アレクサンダー「……」

 

f:id:sims7days:20200606001117j:plain

ビクトリア「このようなこと、申し上げて良いのかわかりませんが……」

 

f:id:sims7days:20200606001121j:plain

ビクトリア「私はアレクシス様の下で働けるのであれば、こんなに嬉しいことはありません」

 

f:id:sims7days:20200606001125p:plain

アレクサンダー「そうか……」

 

f:id:sims7days:20200606001130j:plain

アレクサンダー「後継者が決まれば、しばらく休めなくなるだろう。ビクトリア、今のうちに休暇を取っておきなさい」

ビクトリア「……」

 

f:id:sims7days:20200606001135j:plain

アレクサンダー「あとは任せたぞ」

 

f:id:sims7days:20200606001138j:plain

ビクトリア「……かしこまりました。会長」

 

 

 

 

 

f:id:sims7days:20200606001142j:plain

 

 

 

f:id:sims7days:20200606001147j:plain

ジュリアン「あれ誰?」

 

f:id:sims7days:20200606001151j:plain

マリア「ジュリアン様……!!」

 

f:id:sims7days:20200606001155j:plain

マリア「あの方は、ビクトリア・スカーレット様」

 

f:id:sims7days:20200606001158j:plain

マリア「財閥が持つ会社の、経営陣のお一人です」

 

f:id:sims7days:20200606001203j:plain

ジュリアン「そうなんだ」

マリア「……」

 

f:id:sims7days:20200606001208j:plain

マリア「最近は、ずいぶん積極的ですね」

ジュリアン「何が?」

 

f:id:sims7days:20200606001212j:plain

マリア「誰が来ようが、何が起ころうが、ゴールド家のことには無関心だったのに……」

 

f:id:sims7days:20200606001215j:plain

ジュリアン「俺ももう、子供じゃないんだ。関心を持つのは当然でしょう?」

 

f:id:sims7days:20200606001219j:plain

マリア「子供じゃない……ですか」

ジュリアン「何?」

 

f:id:sims7days:20200606001224j:plain

マリア「大学から連絡がありましたよ。卒業の大切な時期なのに、あまり出席されていないと」

 

f:id:sims7days:20200606001228j:plain

ジュリアン「あぁ……忘れてた」

 

f:id:sims7days:20200606001232j:plain

マリア「ジュリアン様、大学のことも大切ですが……あまり危険なことはしないでください」

ジュリアン「危険なこと?」

 

f:id:sims7days:20200606001236j:plain

マリア「ワイアットやリックと一緒になって、何か企んでいるでしょう?」

ジュリアン「……」

 

f:id:sims7days:20200606001241j:plain

マリア「旦那様のことだけでも心配なのに、ジュリアン様にまで何かあっては耐えられません」

 

f:id:sims7days:20200606001245j:plain

ジュリアン「大丈夫。もうすぐ全て上手くいくから」

マリア「ジュリアン様?」

 

f:id:sims7days:20200606001249j:plain

アリア「それは、どういう……」

 

f:id:sims7days:20200606001252j:plain

ジュリアン「大丈夫。大丈夫だから」

 

f:id:sims7days:20200606001257j:plain

マリア「ジュリアン様……」

 

 

----------------------------------------

女性の扱い方も心得ている、ジュリアン。


にほんブログ村 ゲームブログ ザ・シムズシリーズへ

やる気スイッチです。応援よろしくお願いしますm(__)m