Sims 7 days

PC版『The Sims4』の創作Blogです。4つの世帯を中心に、オリジナルストーリーを展開中。※一部BL要素を含みます。

MENU

【Sims4 WG】#9 懐古

f:id:sims7days:20200402204123j:plain
過去の行いの全てが、現在を作り上げているーー

 

f:id:sims7days:20200402203825j:plain

 

f:id:sims7days:20200402203829j:plain

マリア「いらっしゃらないわね……」

 

f:id:sims7days:20200402203835j:plain

アレクサンダー「アレクシスのことか?」

マリア「旦那様!」

 

f:id:sims7days:20200402203840j:plain

アレクサンダー「そのままで良い。

        マリア、今年もクリスタルの墓参りに来てくれてありがとう」

 

f:id:sims7days:20200402203844j:plain

マリア「……お母様の命日でも、アレクシス様はいらっしゃらないのですね」

アレクサンダー「あぁ。あれは今、自分の生活で精一杯なのだろう」

 

f:id:sims7days:20200402203848j:plain

アレクサンダー「それでも、アレクシスをゴールド家で引き取るときに、あいつはゴールド姓を名乗ることをよしとはしなかった」

 

f:id:sims7days:20200402203852j:plain

アレクサンダー「母親の姓を残したホワイト=ゴールド姓を選んだのは、あいつにできる精一杯の愛情だったのだろう」

マリア「……」

 

f:id:sims7days:20200402203857j:plain

マリア「旦那様は、どうしてクリスタル様と恋に落ちたのですか?」

 

f:id:sims7days:20200402203901j:plain

アレクサンダー「……クリスタル・ホワイトは、この街の農家の娘だった。

        彼女とは、たまたま私有地を視察して回っているときに出会ったのだ」

 

 

 

 

 

f:id:sims7days:20200402203905j:plain

アレクサンダー「当時の私は仕事一筋で、ゴールド家を大きくすることに全身全霊をかけていた」

 

f:id:sims7days:20200402203909j:plain

アレクサンダー「気付けば50にもなろうかというのに、結婚すら考えずに日々を過ごしていたのだ」

 

f:id:sims7days:20200402203914j:plain

アレクサンダー「そんな私に、クリスタルは人として大切なことをたくさん教えてくれたよ」

 

f:id:sims7days:20200402203919j:plain

アレクサンダー「20以上も歳が離れている娘だ。もちろん、最初は恋愛感情なんてなかった」

 

f:id:sims7days:20200402203926j:plain

アレクサンダー「しかし、気が付けば彼女の素朴で真っ直ぐな純粋さに心を奪われていた」

 

 

 

 

 

f:id:sims7days:20200402203931j:plain

マリア「私は幼かったので、あまり記憶にはありませんが……。

    クリスタル様の優しい笑顔は覚えています。アレクシス様をとても大切にしておられました」

 

f:id:sims7days:20200402203936j:plain

アレクサンダー「どうにかクリスタルを妻にしたかったのだが、当時はゴールド家には多くの親族がいた。ゴールド家の当主が庶民の娘と結婚するなど口にすれば、猛反対されたよ」

 

f:id:sims7days:20200402203940j:plain

アレクサンダー「親族を追い払って全ての準備が整った矢先に、元々体の弱かったクリスタルは、この世を去った」

 

f:id:sims7days:20200402203944j:plain

アレクサンダー「せめて一人息子のアレクシスには、私が持てる全ての富と財産を残そうと、再び仕事に没頭する日々に戻ったのだが……結局、アレクシスと過ごす時間も失って、あいつもあの家を去ったな」 

 

f:id:sims7days:20200402203949j:plain

マリア「旦那様は、アレクシス様を後継者に指名されていますが……戻って来られるでしょうか?」

 

f:id:sims7days:20200402203954j:plain

アレクサンダー「あぁ。強引に連れ戻すつもりはないが、あいつはいずれ自らあの屋敷に戻ってくるだろう」

マリア「なぜです?」

 

f:id:sims7days:20200402203957j:plain

アレクサンダー「あの屋敷には、お前達がいるからだ」

マリア「……私達?」

 

f:id:sims7days:20200402204002j:plain

アレクサンダー「私が亡くなれば、ゴールド家の血を引く人間はアレクシスただ一人になる」

 

f:id:sims7days:20200402204007j:plain

アレクサンダー「財団は他の企業に売り渡すこともできるが、使用人は違う。

        ゴールド家の使用人は、ただの雇われ人ではない。お前も、ワイアットも」

 

f:id:sims7days:20200402204011j:plain

アレクサンダー「何百年もゴールド家と共に過ごし、共に生きてきた。いわば運命共同体だ。

        アレクシスがゴールド家を継がなければ、お前達は行き場を失うだろう」

 

f:id:sims7days:20200402204014j:plain

マリア「……私は、構いません」

 

f:id:sims7days:20200402204018j:plain

マリア「アレクシス様が後継者になりたくないというのであれば、ワイアットも受け入れるはずです」

 

f:id:sims7days:20200402204023j:plain

アレクサンダー「クリスタルのおかげで、アレクシスは優しい子に育った」

 

f:id:sims7days:20200402204027j:plain

アレクサンダー「他の誰がなんと言おうと、兄弟同然に育ったお前達が居場所を失うとなれば、あいつ自身がそれをよしとはしないだろう」        

マリア「……」

 

f:id:sims7days:20200402204032j:plain

アレクサンダー「お前達が気に病む必要はない。

        私もそうであったように、これはゴールド家に産まれた人間の宿命なのだ」

 

f:id:sims7days:20200402204036j:plain

マリア「……ジュリアン様が後継者になることは、難しいのでしょうか?」

 

f:id:sims7days:20200402204040j:plain

アレクサンダー「ジュリアンに家を継がせれば、良からぬ企みに利用する者達がいる」

 

f:id:sims7days:20200402204044j:plain

アレクサンダー「ジュリアンは、私とレイチェルの取引の末に産まれた可哀想な子だ」

マリア「取引?」

 

f:id:sims7days:20200402204049j:plain

アレクサンダー「あの子に寂しい思いをさせていることは知っている。だが、我々にも事情があるのだ」

 

f:id:sims7days:20200402204054j:plain

アレクサンダー「アレクシスを育てたお前になら、安心して託せる」

 

f:id:sims7days:20200402204059j:plain

アレクサンダー「マリア、ジュリアンにもお前が持てる愛情を精一杯注いでやってくれ」

マリア「……」

 

f:id:sims7days:20200402204104j:plain

ジュリアン様が実の息子でないということを、隠そうともしないなんて……。

 

f:id:sims7days:20200402204109j:plain

私の知らない裏の事情ーー

ワイアットやリックは、把握しているのかしら? 

 

f:id:sims7days:20200402204113j:plain

いずれにせよ、今の私にできることはただ一つ。

 

f:id:sims7days:20200402204119j:plain

「かしこまりました、旦那様」

 

 

----------------------------------------

クリスタル・ホワイトって、歯磨き粉の名前っぽい。

 

にほんブログ村 ゲームブログ ザ・シムズシリーズへ

やる気スイッチです。応援よろしくお願いしますm(__)m