Sims 7 days

PC版『The Sims4』の創作Blogです。4つの世帯を中心に、オリジナルストーリーを展開中。※一部BL要素を含みます。

MENU

【Sims4】#39 ケヴィンとジェシー【Season 2】

f:id:sims7days:20200818190304j:plain
複雑に絡み合った関係は、簡単には解けない。

 

 Season 1のまとめは、こちら。 

 Season 2の第1話は、こちら。 

 

 

f:id:sims7days:20200818185904j:plain

ケヴィン「この店、いつもこんなに暇なのか?」

 

f:id:sims7days:20200818185908j:plain

ジェシー「まさか。開店前にセシルから連絡があったんだ。『飲みに行ってやるから、貸し切りにしろ』って」

 

f:id:sims7days:20200818185913j:plain

ジェシー「普段なら断るところだけど……セシルにはこの店を救ってもらった恩があるから、OKしたんだ」

ケヴィン「そうか」

 

f:id:sims7days:20200818185916j:plain

ケヴィン「『自分の店』って……お前、作詞家辞めたのか?」

 

f:id:sims7days:20200818185920j:plain

ジェシー「セシルがいないんじゃ仕事にならない。あいつ以外が作った曲に、詞をつける気はないからな」

ケヴィン「……」

 

f:id:sims7days:20200818185924j:plain

ジェシー「クロエとエマは元気か?」

ケヴィン「あぁ、高校に進学して勉強を頑張ってる」

 

f:id:sims7days:20200818185928j:plain

ケヴィン「San Myshunoでは、あの子たちが世話になったらしいな」

ジェシー「世話ってほどのことはしていないけどな」

 

f:id:sims7days:20200818185932j:plain

ジェシー「クロエもエマも、本当に良い子だ。可愛くて賢くて、優しい」

 

f:id:sims7days:20200818185937j:plain

ジェシー「きっと奥さん似だな」

ケヴィン「……一言多いんだよ」

 

f:id:sims7days:20200818185941j:plain

ケヴィン「そういえばお前、セシルの実家のこと知らなかったって本当か?」

 

f:id:sims7days:20200818185945j:plain

ケヴィン「婚約までしていたのに、どうして話してもらえなかったんだろうな?」

ジェシー「……」

 

f:id:sims7days:20200818185951j:plain

ジェシー「セシルと婚約できていないお前が、したり顔すんな」

 

f:id:sims7days:20200818185955j:plain

ケヴィン「……」

ジェシー「……」

 

 

 

f:id:sims7days:20200818190407j:plain

ケヴィン「ダメだ。このままじゃ、お互い傷口を広げるだけだ」

ジェシー「その意見には賛成」

 

f:id:sims7days:20200818190003j:plain

ケヴィン「……」

 

f:id:sims7days:20200818190007j:plain

ケヴィン「セシルが実家のことを話さなかったのは、お前を護るためだ」

ジェシー「……護る?」

 

f:id:sims7days:20200818190012j:plain

ケヴィン「昔からセシルは、どんなに仲の良い相手にもゴールド家のことは口にしない。相手を危険に晒す可能性があるからだ」

ジェシー「どうして?」

 

f:id:sims7days:20200818190016j:plain

ケヴィン「金持ちってのは、自然と敵が多くなるものなんだよ。誘拐しようとする奴もいれば、危害を加えようとする奴もいる」

 

f:id:sims7days:20200818190020j:plain

ケヴィン「実際、俺もセシルと一緒に、何度も危険な目に遭ってきたしな」

ジェシー「……」

 

f:id:sims7days:20200818190024j:plain

ケヴィン「あの家の護衛係が優秀なおかげで、実害はなかったけど……ゴールド家の人間を知っているというだけで狙われたこともある」

 

f:id:sims7days:20200818190028j:plain

ケヴィン「そんな経験を繰り返せば、セシルだって学ぶ。周囲の人間には、絶対に実家のことを話してはいけない……って」

 

f:id:sims7days:20200818190031j:plain

ケヴィン「あいつにとって大切な人であればあるほど、ゴールド家の名は口にできなくなるんだ」

 

f:id:sims7days:20200818190036j:plain

ジェシー「……なるほど。俺は愛されていたってことか」

 

f:id:sims7days:20200818190041j:plain

ジェシー「お前、たまには良いことも言えるんだな」

 

f:id:sims7days:20200818190046j:plain

ケヴィン「お前みたいな性悪と一緒にするな」

ジェシー「……」

 

f:id:sims7days:20200818190050j:plain

ジェシー「『ちょっと良い奴かも』って思った10秒前の俺の気持ちを返せ」

 

 

 

 

 

f:id:sims7days:20200818190055j:plain

セシル「ゴールド財閥は、最近新規事業の開拓に乗り出した。その一つに、飲食業の部門がある」

 

f:id:sims7days:20200818190059j:plain

マリオン「都市開発や公共事業じゃ飽き足らず、飲食業にまで手を出すつもり?世界一の金持ちのクセに、まだ稼ぎ足りないって言うの?」

 

f:id:sims7days:20200818190103j:plain

セシル「その都市開発や公共事業が落ち着いてしまったから、新たな稼ぎ口が必要なんだ。世界一の金持ちも楽じゃねぇんだよ」

 

f:id:sims7days:20200818190108j:plain

マリオン「やだ、素敵。私も一度で良いから、そんなセリフ言ってみたいわ」

セシル「……」

 

f:id:sims7days:20200818190114j:plain

セシル「うちは資金は潤沢にあるが、知識と経験を持つものが少ない。そこで、お前をコンサルタントの一人として迎えたい」

マリオン「コンサルタント?」

 

f:id:sims7days:20200818190118j:plain

セシル「もちろん、自分の店を優先してくれて構わない。時間があるときに、その豊かな知識と経験をうちの事業に活かして欲しいんだ」

 

f:id:sims7days:20200818190122j:plain

セシル「希望通りの報酬は用意するし、もしも他に出店予定があるなら出資しても良い」

 

f:id:sims7days:20200818190125j:plain

マリオン「……すごい高待遇。裏はないでしょうね?」

 

f:id:sims7days:20200818190130j:plain

セシル「うちはイメージ商売だ。どこぞの悪徳投資家と一緒にするな」

マリオン「そうよね」

 

f:id:sims7days:20200818190135j:plain

マリオン「大財閥のトップ自らスカウトしてくれるなんて、こんなに光栄なことはないわ」

 

f:id:sims7days:20200818190138j:plain

マリオン「あなたには救ってもらった恩があるから、二つ返事で頷きたいところだけど……」

セシル「だけど?」

 

f:id:sims7days:20200818190142j:plain

マリオン「ビジネスパートナーの意見も聞いてみないと」

セシル「……ジェシーか」

 

f:id:sims7days:20200818190146j:plain

セシル「どの道、今日中に返事をもらおうとは思っていない。ゆっくり考えてくれ」

マリオン「わかったわ」

 

f:id:sims7days:20200818190150j:plain

セシル「……」

 

 

 

f:id:sims7days:20200818190154j:plain

セシル「マリオン」

マリオン「何?」

 

f:id:sims7days:20200818190159j:plain

セシル「どうしてお前のような賢い人間が、あんな男に騙された?」

マリオン「……」

 

f:id:sims7days:20200818190203j:plain

マリオン「どんなに賢い頭があっても、弱っている状況じゃ使えない」

 

f:id:sims7days:20200818190207j:plain

マリオン「あいつに会ったときは、色々あってね。冷静な判断ができなかったのよ。でも、お陰で良い人生勉強ができた」

セシル「……」

 

f:id:sims7days:20200818190211j:plain

セシル「お前は、こんなところで終わって良い人間じゃない」

 

f:id:sims7days:20200818190215j:plain

セシル「次は間違えるな」

 

f:id:sims7days:20200818190219j:plain

マリオン「……」

 

f:id:sims7days:20200818190222j:plain

マリオン「覚えておくわ」

 

 

 

 

 

f:id:sims7days:20200818190226j:plain

セシル「ケヴィン、仲良くできたか?」

 

f:id:sims7days:20200818190230j:plain

ケヴィン「ジェシーが俺のこといじめる」

ジェシー「お前、本当……」

 

f:id:sims7days:20200818190235j:plain

セシル「楽しい時間が過ごせたようで何よりだ」

 

f:id:sims7days:20200818190239j:plain

セシル「マリオン、返事が決まったら連絡してくれ」

マリオン「了解」

 

f:id:sims7days:20200818190243j:plain

セシル「ほら、帰るぞ」

ケヴィン「……なぁ、セシル」

 

f:id:sims7days:20200818190248j:plain

ケヴィン「俺、全然お前と飲めてないんだけど」

セシル「家に帰ったらな」

 

f:id:sims7days:20200818190251j:plain

ジェシー「返事って?」

 

f:id:sims7days:20200818190256j:plain

マリオン「家に帰ったらね」

 

f:id:sims7days:20200818190300j:plain

ジェシー「?」

 

 

----------------------------------------

マリーちゃんの過去のお話は、また後日。

 

にほんブログ村 ゲームブログ ザ・シムズシリーズへ

やる気スイッチです。応援よろしくお願いしますm(__)m