Sims 7 days

PC版『The Sims4』の創作Blogです。4つの世帯を中心に、オリジナルストーリーを展開中。※一部BL要素を含みます。

MENU

【Sims4】#74 名前のない絆【Season 2】

f:id:sims7days:20200922035653j:plain
関係性は、本人よりも周囲の方がよく理解している。

 

 Season 1のまとめは、こちら。 

 Season 2の第1話は、こちら。 

 

 

f:id:sims7days:20200922035400j:plain

ルナ「見て!お母さん」

 

f:id:sims7days:20200922035405j:plain

ミア「ルナ、上手よ」

 

f:id:sims7days:20200922035409j:plain

ハワード「やはり足の痛みは、人魚になる前兆だったようですね」

ミア「えぇ。ティーンを迎えて、無事に人魚になることができて良かったです」

 

f:id:sims7days:20200922035413j:plain

ハワード「ルナちゃん、そろそろ人が増えてくる時間です」

 

f:id:sims7days:20200922035417j:plain

ハワード「泳ぎの練習はここまでにして、家に戻りましょう」

ルナ「わかった!」

 

 

 

f:id:sims7days:20200922035422j:plain

ウィル「レストランのメニューは決まった?」

 

f:id:sims7days:20200922035426j:plain

バイオレット「候補は挙げたわ。あとは絞り込むだけよ」

 

f:id:sims7days:20200922035430j:plain

ウィル「この調子なら、来月にはオープンできそうだ」

バイオレット「そうね」

 

f:id:sims7days:20200922035435j:plain

ウィル「ところで……この料理、どうしたの?」

 

f:id:sims7days:20200922035438j:plain

バイオレット「サンド・バーのマスターからもらったの」

ウィル「え?」

 

f:id:sims7days:20200922035442j:plain

ウィル「……わざわざ家まで来たの?」

バイオレット「ウィル、警戒しないで」

 

f:id:sims7days:20200922035446j:plain

バイオレット「マスターは、レストランのオープンをとても喜んでくれたわ」

ウィル「ライバルなのに……どうして?」

 

f:id:sims7days:20200922035451j:plain

バイオレット「観光客が増えたことで、バーだけではお客さんを捌ききれないんですって。レストランのオープンが待ちきれないそうよ」

 

f:id:sims7days:20200922035455j:plain

ウィル「そうか……これから協力し合えると良いね」

バイオレット「えぇ」

 

f:id:sims7days:20200922035459j:plain

ルナ「ただいま」

バイオレット「お帰りなさい、ルナ」

 

f:id:sims7days:20200922035503j:plain

ウィル「人魚の姿には慣れた?」

ルナ「うん!もうどこまででも泳げそう」

 

f:id:sims7days:20200922035506j:plain

ウィル「それは良かった。絶対に家族以外の人には見られないようにね」

ルナ「気をつける」

 

f:id:sims7days:20200922035511j:plain

ルナ「この料理、バイオレットの手作りじゃないよね。どうしたの?」

 

f:id:sims7days:20200922035515j:plain

バイオレット「差し入れにもらったの。少し早いけど、ランチにしましょう」

ルナ「うん」

 

 

 

 

 

f:id:sims7days:20200922035520j:plain

ウィル「ルナから人魚の話を聞いた時は、俄には信じ難かったけど……」

 

f:id:sims7days:20200922035523j:plain

ウィル「俺たちも、すっかり慣れてしまったな」

ルナ「この島で暮らすなら、人魚との共存は必須だもんね」

 

f:id:sims7days:20200922035527j:plain

バイオレット「ねぇ、ルナは高校を卒業したらどうするの?」

 

f:id:sims7days:20200922035531j:plain

ルナ「大学に進学するよ。ライアンやリタみたいに、海洋生物学者を目指すの」

 

f:id:sims7days:20200922035535j:plain

ミア「……ということは、この島を出ることになるのね」

ルナ「4年間だけだよ。大学を卒業したら、ちゃんと戻って来るから」

 

f:id:sims7days:20200922035540j:plain

ミア「4年も離れているなんて、心配だわ……」

ルナ「私も島を出るのは不安だけど、向こうにはクリスやライアンがいるから大丈夫」

 

f:id:sims7days:20200922035545j:plain

ルナ「私より、お母さんを残していく方が心配かな」

ミア「私?」

 

f:id:sims7days:20200922035549j:plain

ハワード「大丈夫ですよ、ルナちゃん。ミアさんには私たちがついていますから」

 

f:id:sims7days:20200922035552j:plain

バイオレット「……」

 

f:id:sims7days:20200922035556j:plain

バイオレット「ハワードとミアは、不思議な関係ね」

ミア「え?」

 

f:id:sims7days:20200922035600j:plain

バイオレット「一緒には暮らしていないし、交際もしていない。それでも、家族のようでもあるし、恋人のようでもある」

 

f:id:sims7days:20200922035604j:plain

ミア「こ、恋人……?」

ウィル「知り合ってどれくらい経つんですか?」

 

f:id:sims7days:20200922035608j:plain

ハワード「実際に顔を合わせたのは、3年ほど前でしょうか?」

ミア「はい」

 

f:id:sims7days:20200922035611j:plain

ミア「でも、お互いの存在は8年前から知っていたわ」

バイオレット「8年?ずいぶん長いのね」

 

f:id:sims7days:20200922035615j:plain

ウィル「もう交際どころか、結婚していてもおかしくないな」

ミア「け、結婚!?」

 

f:id:sims7days:20200922035619j:plain

ウィル「こんなに仲が良いのに、何も進展がないなんて不思議ですね」

ハワード「不思議……ですか」

 

f:id:sims7days:20200922035622j:plain

ハワード「ルナちゃんの学校でも、同じようなことを言われましたね」

ルナ「え?」

 

f:id:sims7days:20200922035626j:plain

ハワード「戸籍上、養父はクリスさんになっていますから。ミアさんやルナちゃんとの関係性を聞かれて、苦労しました」

 

f:id:sims7days:20200922035631j:plain

バイオレット「……正直、私もこの家に来たばかりの頃、ハワードとルナの関係性を理解するのに苦しんだわ」

ハワード「そうですか。では……」

 

 

f:id:sims7days:20200922035635j:plain

ハワード「結婚しましょうか?」

ミア「え?」

 

f:id:sims7days:20200922035640j:plain

ルナ「え!?」

 

f:id:sims7days:20200922035644j:plain

ウィル「……え?」

バイオレット「……え?」

 

f:id:sims7days:20200922035648j:plain

全員「………………」

 

 

----------------------------------------

天才の発想こそが、不思議そのもの。

 

にほんブログ村 ゲームブログ ザ・シムズシリーズへ

やる気スイッチです。応援よろしくお願いしますm(__)m