Sims 7 days

PC版『The Sims4』の創作Blogです。4つの世帯を中心に、オリジナルストーリーを展開中。※一部BL要素を含みます。

MENU

【Sims4】#37 止められぬ恋【Season 2】

f:id:sims7days:20200816000046j:plain
未熟な恋は、誰にも止められない。

 

 Season 1のまとめは、こちら。 

 Season 2の第1話は、こちら。 

 

 

f:id:sims7days:20200815235807j:plain

リタ「ゴールド財閥?」

 

f:id:sims7days:20200815235810j:plain

ライアン「あぁ。Sulaniは以前から環境問題が囁かれてきたけど、観光客の増加でいよいよ深刻になってきた。早急に対策を取らないと、手遅れになるだろう」

 

f:id:sims7days:20200815235814j:plain

ライアン「今まで以上に高額な助成金を得る必要がある。でも、そのためには影響力のあるバックがいなければならない」

リタ「確かに。大財閥が味方についてくれれば、有難いけど……」

 

f:id:sims7days:20200815235818j:plain

リタ「小さな自然保護団体のために、動いてくれるかしら?」

 

f:id:sims7days:20200815235822j:plain

ライアン「現段階では、動くどころか話すら聞いてもらえないだろうな」

 

f:id:sims7days:20200815235827j:plain

リタ「昨日の夜、ルナと電話で話したんだけど……島内でも環境破壊が問題視され始めたって言っていたわ。何か手はないの?」

 

f:id:sims7days:20200815235830j:plain

ライアン「大物の中にも、オリビア・ベネットのように話がわかってくれる人もいる」

 

f:id:sims7days:20200815235835j:plain

ライアン「実績を積み上げながら、ゴールド財閥に繋がる伝手を探すしかないな」

 

f:id:sims7days:20200815235840j:plain

リタ「私も大学の関係者に相談してみるわ」

ライアン「頼む」

 

f:id:sims7days:20200815235846j:plain

リタ「……そういえば、ディランの様子はどう?あなたの仕事を手伝っているんでしょう?」

 

f:id:sims7days:20200815235852j:plain

ライアン「真面目にやってるよ」

リタ「本当?」

 

f:id:sims7days:20200815235856j:plain

ライアン「あぁ。手伝い初日に、セレブの自宅に連れて行ったのが良かったな」

 

f:id:sims7days:20200815235900j:plain

ライアン「『自然保護活動をするとセレブに会える!!』って、進んで手伝ってくれるようになった」

 

f:id:sims7days:20200815235904j:plain

リタ「相変わらず不純な動機ね……」

ライアン「きっかけなんて何でも良い。それが将来につながるかどうかが、問題だ」

 

f:id:sims7days:20200815235909j:plain

リタ「仕事に関しては目を瞑るけど、エマとの交際についてはそうはいかないわ」

 

f:id:sims7days:20200815235912j:plain

ライアン「エマとは順調?」

リタ「週末の度に連れ出して遊んでいるわよ!あまりエマの足を引っ張らないで欲しいわ」

 

f:id:sims7days:20200815235916j:plain

ライアン「まぁまぁ。別に成績が下がっているわけじゃないだろう?」

リタ「今はそうでも、今後は……」

 

 

 ガチャ

 

f:id:sims7days:20200815235921j:plain

エマ「ただいま!」

ディラン「ただいま」

 

f:id:sims7days:20200815235925j:plain

ライアン「お帰り」

リタ「またエマを遊びに連れ出していたのね、ディラン」

 

f:id:sims7days:20200815235930j:plain

クロエ「エマ、お帰り。今日もデート?」

エマ「え?そんなんじゃ……」

 

f:id:sims7days:20200815235933j:plain

ライアン「夕飯は?」

エマ「San Myshunoで食べてきたから大丈夫」

 

f:id:sims7days:20200816002313j:plain

リタ「San Myshuno?そんなところまで遊びに行っていたの?」

ライアン(マズい流れだな……)

 

f:id:sims7days:20200815235937j:plain

リタ「ディラン、ちょっと話せるかしら?」

ライアン(……ほらな)

 

 

 

f:id:sims7days:20200815235942j:plain

ディラン「何?」

 

f:id:sims7days:20200815235946j:plain

リタ「エマはまだ高校生なのよ?勝手に遠くの街に連れ出した挙句、こんなに遅い時間まで帰って来ないなんて、一体どういうつもり?」

 

f:id:sims7days:20200815235950j:plain

ディラン「遅い時間って……まだ8時だけど?」

 

f:id:sims7days:20200815235955j:plain

リタ「我が家の門限は5時よ」

ディラン「マジで!?小学生かよ」

 

f:id:sims7days:20200815235959j:plain

リタ「あの子は、他所のお宅から預かっている大事な娘さんなの。何かあったらどうするつもり?」

 

f:id:sims7days:20200816000003j:plain

ディラン「別に危ないことさせてるわけじゃないから、大丈夫だって」

 

f:id:sims7days:20200816000007j:plain

リタ「いい?あの子に変な真似したら、ただじゃおかないから」

ディラン「義姉さん、顔が怖いって……」

 

 

 

f:id:sims7days:20200816000011j:plain

エマ「どうしてリタは、怒っているの?」

 

f:id:sims7days:20200816000015j:plain

ライアン「エマとディランの交際が気に入らないんだと」

エマ「え?」

 

f:id:sims7days:20200816000019j:plain

クロエ「エマが、ディランとデートばかりしているせいよ」

 

f:id:sims7days:20200816000022j:plain

エマ「交際にデートって……私とディランって、付き合ってるの?」

 

f:id:sims7days:20200816000026j:plain

クロエ「え?」

ライアン「違うのか?」

 

f:id:sims7days:20200816000030j:plain

エマ「ただの遊び仲間だと思ってた」

 

f:id:sims7days:20200816000034j:plain

クロエ「嘘でしょう?エマの鈍さって、パパ並みだね」

 

f:id:sims7days:20200816000038j:plain

エマ「ディランが、私の『恋人』?」

 

f:id:sims7days:20200816000042j:plain

エマ「まぁ……悪くないかも」

 

 

----------------------------------------

エマの鈍感さは、間違いなくケヴィン譲りです。

 

にほんブログ村 ゲームブログ ザ・シムズシリーズへ

やる気スイッチです。応援よろしくお願いしますm(__)m