Sims 7 days

PC版『The Sims4』の創作Blogです。4つの世帯を中心に、オリジナルストーリーを展開中。※一部BL要素を含みます。

MENU

【Sims4 GB】#9 告白

f:id:sims7days:20200327221207j:plain
春は終焉の時であり、出発の時でもあるーー

 

 

 

 2ヶ月前ーー

 

f:id:sims7days:20200327220936j:plain

セシル「空き巣に入られた?」

 

f:id:sims7days:20200327220940j:plain

ケヴィン「あぁ、ずっと空き家にしていたからな……」

 

f:id:sims7days:20200327220944j:plain

セシル「被害は?」

ケヴィン「幸い大した物は取られなかったけど、ドアの鍵は完全に壊された」

 

f:id:sims7days:20200327220948j:plain

セシル「今後は対策を考えないとな」

ケヴィン「……」

 

f:id:sims7days:20200327220952j:plain

ケヴィン「いや、ここは手放すことにした」

セシル「……は?」

 

f:id:sims7days:20200327220957j:plain

ケヴィン「もう住む予定もないし……小さい土地と家だけど、売れば子供達の学費の足しにはなるだろう」

 

f:id:sims7days:20200327221001j:plain

セシル「……本気か?」

 

f:id:sims7days:20200327221006j:plain

セシル「だってここには、リリアンとの思い出が……」

 

f:id:sims7days:20200327221012j:plain

ケヴィン「だからこそ、手放したいんだ」

 

f:id:sims7days:20200327221016j:plain

ケヴィン「ここには幸せな思い出が詰まっているけど、同時に辛い思い出も詰まっている」

 

f:id:sims7days:20200327221019j:plain

ケヴィン「リリアンが亡くなってもう4年だ。いい加減、整理しないとな」

セシル「……」

 

f:id:sims7days:20200327221024j:plain

セシル「リリアンの墓はどうするんだよ?」

 

f:id:sims7days:20200327221028j:plain

ケヴィン「共同墓地に移す予定だ。空き巣が入る家よりマシだろう?」

 

f:id:sims7days:20200327221033j:plain

セシル「……」

 

f:id:sims7days:20200327221037j:plain

セシル「なぁ、俺に考えがある」

ケヴィン「……考え?」

 

 

 

 

 

 現在ーー

 

f:id:sims7days:20200327221041j:plain

クロエ「テディ、こっちこっち!」

エマ「テディ、こっちおいで!」

 

f:id:sims7days:20200327221045j:plain

セシル「クロエ、エマ。あまり遠くには行くなよ」

クロエ&エマ『はーい』

 

f:id:sims7days:20200327221049j:plain

セシル「どうだ、気に入ったか?」

ケヴィン「……あぁ。見違えたよ」

 

f:id:sims7days:20200327221053j:plain

ケヴィン「よく公園にするなんて思いついたな」

 

f:id:sims7days:20200327221058j:plain

セシル「リリアンは賑やかなのが好きだっただろう?」

 

f:id:sims7days:20200327221102j:plain

セシル「暗い墓地よりも、明るい公園にいる方を望むんじゃないかって思ったんだ」

 

f:id:sims7days:20200327221105j:plain

ケヴィン「……お前は昔から、リリアンとも子供達とも、俺以上の何か特別な絆を持っているよな」

セシル「なんだそれ」

 

f:id:sims7days:20200327221109j:plain

ケヴィン「ありがとう、セシル。お陰で気持ちに整理がついたよ」

 

f:id:sims7days:20200327221112j:plain

ケヴィン「いつまでもリリアンのことを引きずっていたら、リリアンも浮かばれないよな」

 

f:id:sims7days:20200327221116j:plain

ケヴィン「いい加減、前を向かないと」

 

f:id:sims7days:20200327221120j:plain

ケヴィン「そう思えたのは、お前のおかげだ」

セシル「……ケヴィン」

 

f:id:sims7days:20200327221123j:plain

ケヴィンの晴れやかな笑顔に、俺の中でも大きな転機を迎えた気がして……。

 

f:id:sims7days:20200327221127j:plain

あるいは、リリアンにも認めて欲しいという気持ちが、どこかにあったのかもしれない。

 

f:id:sims7days:20200327221130j:plain

気付いた時には、何年もひた隠しにしてきた想いが、口をついて出ていた。 

 

 

 

f:id:sims7days:20200327221134j:plain

セシル「ケヴィン、お前が好きだーー」

 

 

 

f:id:sims7days:20200327221137j:plain

ケヴィン「……セシル」

 

f:id:sims7days:20200327221141j:plain

ケヴィン「俺も……お前のことが好きだよ」

 

 

 

f:id:sims7days:20200327221145j:plain

ケヴィン「俺たち、親友だもんな」

 

 

 

f:id:sims7days:20200327221150j:plain

ケヴィン「さぁ、クロエ、エマ!帰って夕飯にしよう」

クロエ「うん、お腹空いたー」

 

f:id:sims7days:20200327221155j:plain

エマ「テディおいで!帰るよ」

 

f:id:sims7days:20200327221159j:plain

クロエ「セシル、何してるの?置いて行くよ」

セシル「……」

 

f:id:sims7days:20200327221203j:plain

セシル「………………あれ?」

 

 

----------------------------------------

そうじゃない。

 

にほんブログ村 ゲームブログ ザ・シムズシリーズへ

やる気スイッチです。応援よろしくお願いしますm(__)m