Sims 7 days

PC版『The Sims4』の創作Blogです。4つの世帯を中心に、オリジナルストーリーを展開中。※一部BL要素を含みます。

MENU

【Sims4】#105 揺るがない想い【Season 2】

f:id:sims7days:20201025170101j:plain
どんなチャンスが訪れようと、気持ちは揺るがない。

 

 Season 1のまとめは、こちら。 

 Season 2の第1話は、こちら。 

 

 

f:id:sims7days:20201025165748j:plain

セシル「絵画なんて、何が良いんだ?」

 

f:id:sims7days:20201025165752j:plain

セシル(ケヴィンの才能は認めているが、正直、たった一枚の絵に数十万シムオリオンもの値がつく理由がわからない)

 

f:id:sims7days:20201025165756j:plain

セシル(音楽なら、子供の小遣い程度の金額で大勢の人が楽しめるのにな……)

 

 

 

f:id:sims7days:20201025165801j:plain

セシル「……」

 

f:id:sims7days:20201025165806j:plain

セシル(リリアン……?)

 

f:id:sims7days:20201025165810j:plain

セシル「……まさかな」

 

 

 

 

 

f:id:sims7days:20201025165814j:plain

ケヴィン「セシル」

セシル「ケヴィン……」

 

f:id:sims7days:20201025165819j:plain

ケヴィン「よく来たな。仕事、暇なのか?」

セシル「お前が個展開催するから見に来いって、呼び出したんだろう」

 

f:id:sims7days:20201025165822j:plain

ケヴィン「たまには美術館でデートするのも良いだろう?」

セシル「……そうだな」

 

f:id:sims7days:20201025165827j:plain

ケヴィン「どうした?」

セシル「……」

 

f:id:sims7days:20201025165832j:plain

セシル「今、リリアンが……」

 

f:id:sims7days:20201025165836j:plain

ケヴィン「あぁ、リリーのことか」

セシル「リリー?」

 

f:id:sims7days:20201025165840j:plain

ケヴィン「美大生で、俺のアシスタンをしてもらっている子だ。リリアンにそっくりだろう?」

 

f:id:sims7days:20201025165845j:plain

セシル「……顔だけでなく、名前まで似ているな」

ケヴィン「俺も初めて会った時は、驚いたよ」

 

f:id:sims7days:20201025165850j:plain

セシル「……」

 

f:id:sims7days:20201025165854j:plain

セシル「別れ話のために俺を呼んだのか?」

ケヴィン「え?」

 

f:id:sims7days:20201025165858j:plain

ケヴィン「……悪い、セシル。話が全然見えない」

 

f:id:sims7days:20201025165901j:plain

セシル「リリーは、本当にただのアシスタントなのか?」

ケヴィン「……」

 

f:id:sims7days:20201025165905j:plain

ケヴィン「まさか俺とリリーの仲を疑ってるのか?」

 

f:id:sims7days:20201025165910j:plain

セシル「だって、お前はああいう女の子が好みだろう?」

ケヴィン「あのな、セシル……」

 

f:id:sims7days:20201025165915j:plain

ケヴィン「リリアンに似ていて、クロエやエマと歳の近い女の子だぞ?」

 

f:id:sims7days:20201025165920j:plain

セシル「若くて好みのタイプなんて、最高だな」

ケヴィン「違う!」

 

f:id:sims7days:20201025165924j:plain

ケヴィン「俺はリリーを娘のように思っているってことだ」

 

f:id:sims7days:20201025165928j:plain

セシル「……そうなのか?」

ケヴィン「そうでしかないだろう」

 

f:id:sims7days:20201025165933j:plain

ケヴィン「リリーは、美大に通いながら複数のアルバイトを掛け持ちしていたんだ。クロエやエマくらいの年頃の女の子が苦労していると思ったら放っておけなくて、うちで正式にアシスタントとして雇うことにしたんだよ」

 

f:id:sims7days:20201025165937j:plain

セシル「……」

ケヴィン「お前、俺が本気でリリーを恋愛対象に見ていると思ったのか?」

 

f:id:sims7days:20201025165941j:plain

セシル「他の人なら疑ったりしない。でも……リリアンは特別だ」

 

f:id:sims7days:20201025165944j:plain

ケヴィン「……」

 

f:id:sims7days:20201025165949j:plain

ケヴィン「お前の言う通り、リリアンは特別だ。今までもこれからも、忘れることはない」

 

f:id:sims7days:20201025165954j:plain

ケヴィン「でも、リリアンはもういないんだ」

セシル「……」

 

f:id:sims7days:20201025165958j:plain

ケヴィン「正直、リリーを雇うのには抵抗があった」

セシル「どうして?」

 

f:id:sims7days:20201025170002j:plain

ケヴィン「リリアンは料理が得意だったけど、リリーは料理が苦手だ。リリアンには兄がいたけど、リリーには妹と弟がいる」

 

f:id:sims7days:20201025170007j:plain

ケヴィン「あの子と話せば話すほど、リリアンはもういないって思い知らされる」

セシル「……」

 

f:id:sims7days:20201025170012j:plain

ケヴィン「でも、リリーは俺の下で働くことを希望していたし、実力も申し分ない。なによりサマンサが気に入ったようだから、雇うことにしたんだ」

セシル「サマンサ?」

 

f:id:sims7days:20201025170017j:plain

ケヴィン「サマンサは知っているだろう?俺のアシスタントだ」

セシル「あぁ……気に入ったって?」

 

f:id:sims7days:20201025170022j:plain

ケヴィン「サマンサとリリーは、今良い感じなんだ」

 

f:id:sims7days:20201025170025j:plain

セシル「そうなのか」

ケヴィン「あぁ。リリーには恋人候補がいるし、俺には婚約者がいる」

 

f:id:sims7days:20201025170029j:plain

ケヴィン「お前はすっかり忘れているようだけどな」

 

f:id:sims7days:20201025170033j:plain

セシル「……」

 

f:id:sims7days:20201025170038j:plain

セシル「悪かった。もうお前を疑うようなことはしない」

ケヴィン「セシル……」

 

f:id:sims7days:20201025170043j:plain

セシル「お前も俺を疑ったりしないよな?」

ケヴィン「もちろんだ」

 

f:id:sims7days:20201025170047j:plain

セシル「良かった。実は今度ジェシーと二人で飲みに……」

ケヴィン「ダメだ」

 

f:id:sims7days:20201025170052j:plain

セシル「作曲家をしていた頃の付き合いで……」

ケヴィン「絶対にダメ」

 

f:id:sims7days:20201025170057j:plain

セシル「………………」

 

 

----------------------------------------

セシルとジェシーとケヴィンで飲みに行くことになりました。

 

にほんブログ村 ゲームブログ ザ・シムズシリーズへ

やる気スイッチです。応援よろしくお願いしますm(__)m