Sims 7 days

PC版『The Sims4』の創作Blogです。4つの世帯を中心に、オリジナルストーリーを展開中。※一部BL要素を含みます。

MENU

【Sims4】#42 新たな復讐の形【Season 2】

f:id:sims7days:20200821171255j:plain
相手に心を開かせるには、共感してみせることが大事。

 

 Season 1のまとめは、こちら。 

 Season 2の第1話は、こちら。 

 

 

f:id:sims7days:20200821170942j:plain

ローズ「信じられない」

 

f:id:sims7days:20200821170946j:plain

ローズ「アレクシスさんに子供の世話ができると思わなかった」

セシル「子供の扱い方は、心得ている」

 

f:id:sims7days:20200821170950j:plain

セシル「なにしろ、二人の娘を育てた実績があるからな」

ケヴィン(実績を作るまでが大変だったけどな……)

 

f:id:sims7days:20200821170954j:plain

ローズ「今までカイルに見向きもしなかったのに、どういう心境の変化?」

セシル「カイルよりお前たち両親の方が手がかかるから、それどころじゃなかっただけだ」

 

f:id:sims7days:20200821170958j:plain

ローズ「人見知りのカイルがすぐ懐くなんて、びっくり」

 

f:id:sims7days:20200821171002j:plain

セシル「俺はカイルの伯父だぞ。一番懐かれるに決まってる」

ケヴィン「お前、カイルが俺に懐き出したのが面白くないだけだろう」

 

 

 

f:id:sims7days:20200821171006j:plain

イヴ「ワイアット様、各部屋のお掃除が終わりました」

 

f:id:sims7days:20200821171010j:plain

ワイアット「イヴ……君の上司はマリアだ。仕事の報告は、マリアに頼む」

 

f:id:sims7days:20200821171014j:plain

イヴ「マリア様は、外出中です」

ワイアット「……」

 

f:id:sims7days:20200821171019j:plain

ワイアット「……夕食の準備を始めてくれ」

イヴ「かしこまりました」

 

f:id:sims7days:20200821171023j:plain

ジュリアン「……」

 

 

 

 

 

f:id:sims7days:20200821171028j:plain

ジュリアン「あーあ、可愛そうなイヴ」

 

f:id:sims7days:20200821171033j:plain

イヴ「ジュリアン様?」

ジュリアン「こんなにワイアットに尽くしているのに、その想いが報われないなんてね」

 

f:id:sims7days:20200821171036j:plain

ジュリアン「ワイアットは、イヴのことを好きにならないよ。絶対に」

 

f:id:sims7days:20200821171040j:plain

イヴ「なぜです……?」

ジュリアン「ワイアットは、ヴァンパイアが嫌いなんだ」

 

f:id:sims7days:20200821171044j:plain

ジュリアン「レイチェルにひどい目に遭わされたからね。イヴがヴァンパイアだと知ったら、大嫌いになるよ」

イヴ「そんな……」

 

f:id:sims7days:20200821171048j:plain

ジュリアン「ねぇ、イヴ。よかったら、ワイアットに好かれる方法を教えてあげようか?」

 

f:id:sims7days:20200821171053j:plain

ジュリアン「レイチェルとの関係を教えてくれるなら、協力してあげないこともない。簡単でしょう?」

 

f:id:sims7days:20200821171057j:plain

イヴ「……」

 

 

 

f:id:sims7days:20200821171100j:plain

イヴ「あの人は……私の姉です」

 

f:id:sims7days:20200821171105j:plain

ジュリアン「姉?……姉妹なの?」

イヴ「そうです」

 

f:id:sims7days:20200821171109j:plain

ジュリアン「この家に来たのは、あいつの差し金?」

イヴ「……そう」

 

f:id:sims7days:20200821171113j:plain

ジュリアン「どうしてあんな女の言いなりに?」

イヴ「言いなりになっているわけじゃない」

 

f:id:sims7days:20200821171117j:plain

イヴ「これは全て、レッド家の復興のため……」

ジュリアン「はぁ?」

 

f:id:sims7days:20200821171121j:plain

ジュリアン「そんな話、本当に信じてるの?」

イヴ「……」

 

f:id:sims7days:20200821171127j:plain

ジュリアン「あのさ、イヴ。あの女は、家の復興なんて大義名分のために動くような奴じゃない」

 

f:id:sims7days:20200821171130j:plain

ジュリアン「あいつが動くのは、全て自分のためだよ」

イヴ「そんなこと……」

 

f:id:sims7days:20200821171134j:plain

ジュリアン「レイチェルはゴールド家に嫁いで、贅沢三昧の日々を送っていた。イヴはゴールド家に招かれたことがある?」

イヴ「……いいえ」

 

f:id:sims7days:20200821171138j:plain

イヴ「一人で家を……護っていた」

 

f:id:sims7days:20200821171142j:plain

ジュリアン「そうだろうね。実際、俺も叔母がいるなんて知らなかったし」

 

f:id:sims7days:20200821171145j:plain

ジュリアン「わかる?レイチェルは、自分さえオイシイ思いができればそれで良いんだ」

 

f:id:sims7days:20200821171149j:plain

ジュリアン「イヴのことだって、自分のために利用しているだけ。そんな女に従うなんて、バカみたい」

イヴ「……」

 

f:id:sims7days:20200821171154j:plain

ジュリアン「俺が助けてあげるよ」

 

f:id:sims7days:20200821171158j:plain

イヴ「助ける?」

ジュリアン「そう」

 

f:id:sims7days:20200821171202j:plain

ジュリアン「本当は、それを望んでいたんでしょう?」

イヴ「そんなことは……」

 

f:id:sims7days:20200821171205j:plain

ジュリアン「じゃあ、どうして俺にレイチェルの存在を匂わせたの?」

 

f:id:sims7days:20200821171209j:plain

ジュリアン「本当は気づいて欲しかったんでしょう?」

 

f:id:sims7days:20200821171213j:plain

イヴ「……」

 

f:id:sims7days:20200821171217j:plain

ジュリアン「ねぇ、イヴ。俺たちは似ている。同じヴァンパイアだし、共にレイチェルに利用されて苦しんできた」

 

f:id:sims7days:20200821171223j:plain

ジュリアン「今まで散々苦しめられてきた上に、今度はあの女、俺の大事な兄さんやイヴの大好きなワイアットを陥れようとしている」

 

f:id:sims7days:20200821171227j:plain

ジュリアン「こんなこと許せる?」

イヴ「……」

 

f:id:sims7days:20200821171231j:plain

ジュリアン「協力しようよ。二人で、あの女を始末するんだ」

 

f:id:sims7days:20200821171235j:plain

ジュリアン「あいつが消えてくれれば、ワイアットだってイヴを見直すかもしれない。ヴァンパイアでも、好きになってもらえるかも」

 

f:id:sims7days:20200821171239j:plain

イヴ「……本当に?」

ジュリアン「もちろん」

 

f:id:sims7days:20200821171243j:plain

イヴ「でも……姉さんは、強大な力を持っている。私たちでは敵わないわ」

ジュリアン「大丈夫」

 

f:id:sims7days:20200821171247j:plain

ジュリアン「力で敵わないなら、頭を使えば良い」

 

f:id:sims7days:20200821171251j:plain

イヴ「……?」

 

 

----------------------------------------

最近色々ありましたが、ジュリアンは安定のブラコンです。

 

にほんブログ村 ゲームブログ ザ・シムズシリーズへ

やる気スイッチです。応援よろしくお願いしますm(__)m