Sims 7 days

PC版『The Sims4』の創作Blogです。4つの世帯を中心に、オリジナルストーリーを展開中。※一部BL要素を含みます。

MENU

【Sims4】#52 久々の一家団欒【Season 2】

f:id:sims7days:20200831034529j:plain
人の縁は、思わぬところで繋がっている。

 

 Season 1のまとめは、こちら。 

 Season 2の第1話は、こちら。 

 

 

f:id:sims7days:20200831034217j:plain

ローズ「アレクシスさん、アレクシスさん!」

 

f:id:sims7days:20200831034222j:plain

ローズ「100万シムオリオン頂戴」

セシル「……」

 

f:id:sims7days:20200831034226j:plain

セシル「寝言は寝て言え。どうして俺が、そんな大金をお前にやらないといけないんだ」

 

f:id:sims7days:20200831034231j:plain

ローズ「自分のブランドを立ち上げて、ショップを開きたいの」

 

f:id:sims7days:20200831034235j:plain

セシル「出資してほしいってことか?」

ローズ「そうとも言う」

 

f:id:sims7days:20200831034239j:plain

セシル「ふざけるな。どこでどんな仕事をしているのかもわからない、お前みたいな胡散臭い自称・スタイリストに出資するほど、俺はバカじゃない」

ローズ「胡散臭い!?私の身辺調査したでしょう?」

 

f:id:sims7days:20200831034243j:plain

ローズ「アレクシスさんが知らないだけで、ファッション界では有名なんだから」

セシル「そうかよ」

 

f:id:sims7days:20200831034246j:plain

セシル「もうすぐケヴィンの娘たちが来るから、お前は自分のブランドの構想でも練っていろ」

ローズ「もう……」

 

 

 ガチャ

 

f:id:sims7days:20200831034250j:plain

セシル「大体、お前は……」

クロエ「あ、セシルだ!」

 

 

 

f:id:sims7days:20200831034255j:plain

セシル「クロエ、エマ!よく来たな」

エマ「セシル、会いたかった!」

 

f:id:sims7days:20200831034300j:plain

セシル「道に迷わなかったか?」

クロエ「うん」

 

f:id:sims7days:20200831034308j:plain

クロエ「パパたちに迎えに来てもらったお陰で……って」

 

f:id:sims7days:20200831034312j:plain

クロエ「うそ……ローズ・ピンクさん?」

ローズ「初めまして」

 

f:id:sims7days:20200831034316j:plain

セシル「ローズを知っているのか?」

エマ「知らない人なんていないよ!だって、ファッションの神様だもん」

 

f:id:sims7days:20200831034319j:plain

クロエ「大ファンです!もちろん、SNSも毎日見てます」

ローズ「本当?ありがとう」

 

f:id:sims7days:20200831034323j:plain

ケヴィン「ほら、お前たち。ワイアットやマリアにも挨拶しないと」

クロエ&エマ『はーい』

 

 

 

f:id:sims7days:20200831034327j:plain

セシル「……」

ローズ「……」

 

f:id:sims7days:20200831034331j:plain

セシル「それで、いくら出資してほしいって?」

ローズ「………………」

 

 

 

 

 

f:id:sims7days:20200831034335j:plain

ケヴィン「セシル、ローズは?」

 

f:id:sims7days:20200831034338j:plain

セシル「へそ曲げてるから、放っておけ」

ケヴィン「え?」

 

f:id:sims7days:20200831034342j:plain

セシル「そんなことより、久しぶりだな。学校はどうだ?」

 

f:id:sims7days:20200831040125j:plain

クロエ「順調だよ。2年生になって、学校にもホームステイにもすっかり慣れた感じ」

エマ「ホストファミリーのお陰で、Sulaniの環境保護活動にも詳しくなれた」

 

f:id:sims7days:20200831034351j:plain

クリス「すみません、遅くなりました」

セシル「クリス、ちょうど良かった」

 

f:id:sims7days:20200831034355j:plain

セシル「Sulaniにいたなら、知っているんじゃないか?」

クリス「何ですか?」

 

f:id:sims7days:20200831034358j:plain

エマ「ライアンとリタ、知ってる?」

クリス「えぇ……ライアンは大学の後輩で、Sulaniで一緒に暮らしていました」

 

f:id:sims7days:20200831034403j:plain

クロエ「それじゃあ、エイデンの名付け親ってクリスさんのこと?」

クリス「……どうしてそれを?」

 

f:id:sims7days:20200831034408j:plain

エマ「私たち、ライアンとリタのお家にホームステイしてるの」

クリス「え!?そうなんですか」

 

f:id:sims7days:20200831034412j:plain

クリス「みんな変わりないですか?」

エマ「うん、元気だよ」

 

f:id:sims7days:20200831034416j:plain

クロエ「エイデンは、どんどん大きくなってる。後で写真見せるね」

クリス「ありがとうございます」

 

f:id:sims7days:20200831034419j:plain

ケヴィン「俺たちはまだ、ホストファミリーに会ったことがないんだ。どんな人たちなんだ?」

クリス「ライアンとリタですか?」

 

f:id:sims7days:20200831034423j:plain

クリス「ライアンは環境保護活動家で、リタは海洋生物学者です。二人とも賢くて思いやりがあって、素晴らしい友人ですよ」

 

f:id:sims7days:20200831034427j:plain

ケヴィン「そうか、それを聞いて安心した」

クリス「……」

 

f:id:sims7days:20200831034431j:plain

セシル「本当は、弟のジュリアンにも会わせたかったんだが……どこに行ったんだ?あいつ」

 

f:id:sims7days:20200831034435j:plain

ケヴィン「外出禁止令が解かれたから、外で羽を伸ばしているんだろう?」

セシル「まったく、解いた途端にこれか」

 

f:id:sims7days:20200831034440j:plain

セシル「これから後継者としての教育も始まるのに、あいつは……」

クリス「……」

 

f:id:sims7days:20200831034444j:plain

クリス「お嬢様方、どうかライアンのことは……」

 

f:id:sims7days:20200831034448j:plain

クロエ「大丈夫。ちょっとだらしないところはあるけど……実はできる人だって、ちゃんとわかってる」

エマ「パパやセシルに告げ口する気はないから、安心して」

 

f:id:sims7days:20200831034453j:plain

クリス「……ありがとうございます」

 

 

 

f:id:sims7days:20200831034457j:plain

ワイアット「リック、ジュリアン様はどうした?」

 

f:id:sims7days:20200831034502j:plain

リック「あー……イヴと出かけた」

ワイアット「イヴと?」

 

f:id:sims7days:20200831034506j:plain

リック「そこなんだよな……理由を知りたいんだが、知らない方が良い気もする」

ワイアット「どういう意味だ?」

 

f:id:sims7days:20200831034510j:plain

リック「一年前に、San Myshunoでゴールド財閥の関係者が、何人か記憶喪失で発見された事件があっただろう?」

ワイアット「あぁ」

 

f:id:sims7days:20200831034514j:plain

リック「ジュリアン様が関わっているらしい」

 

f:id:sims7days:20200831034518j:plain

ワイアット「……確かなのか?」

リック「あぁ」

 

f:id:sims7days:20200831034521j:plain

リック「本人が言っていた」

ワイアット「……」

 

f:id:sims7days:20200831034525j:plain

ワイアット「なんということを……」

 

 

----------------------------------------

今回の撮影中に5回くらい発狂しかけました……。

私にとって大人数×料理の撮影は、なかなかの難易度です。

 

にほんブログ村 ゲームブログ ザ・シムズシリーズへ

やる気スイッチです。応援よろしくお願いしますm(__)m