Sims 7 days

PC版『The Sims4』の創作Blogです。4つの世帯を中心に、オリジナルストーリーを展開中。※一部BL要素を含みます。

MENU

【Sims4】#54 哀れな女の末路【Season 2】

f:id:sims7days:20200902014440j:plain
過去の悪行は、いつか必ず精算する日がやって来る。

 

 Season 1のまとめは、こちら。 

 Season 2の第1話は、こちら。 

 

 

f:id:sims7days:20200902014103j:plain

イヴ「久しぶりね、お姉様」

 

f:id:sims7days:20200902014106j:plain

レイチェル「急に戻って来るから驚いたわ」

 

f:id:sims7days:20200902014110j:plain

レイチェル「ゴールド家には、上手く潜入できたの?まさか追い出されたわけではないでしょうね?」

イヴ「メイドとして潜り込めたわ。長期の休暇を戴いたから、帰宅しただけよ」

 

f:id:sims7days:20200902014115j:plain

レイチェル「アレクシスを失脚させる方法は見つかったの?」

イヴ「まだよ。でも大丈夫、全て上手くいっているわ」

 

f:id:sims7days:20200902014118j:plain

レイチェル「さっさとアレクシスの弱みを見つけて、ゴールド家を乗っ取るのよ」

 

f:id:sims7days:20200902014122j:plain

レイチェル「こんな古臭い屋敷で過ごすのはうんざり。早くあの頃の生活に戻りたいわ」

 

f:id:sims7days:20200902014126j:plain

イヴ「……」

 

 

 

f:id:sims7days:20200902014130j:plain

イヴ「そうだわ、お姉様に見て頂きたいものがあるの」

レイチェル「何よ?」

 

f:id:sims7days:20200902014134j:plain

イヴ「この家の地下で、立派な棺を見つけたの」

レイチェル「……そんなものあったかしら?」

 

f:id:sims7days:20200902014138j:plain

イヴ「レッド家歴代の当主が眠った棺だそうよ」

 

f:id:sims7days:20200902014142j:plain

イヴ「お姉様がこの家を離れている間に、きれいに掃除しておいたわ」

レイチェル「棺?古臭いわね。地下で眠るなんて嫌よ」

 

f:id:sims7days:20200902014145j:plain

イヴ「そう……この家の当主であるお姉様に相応しい、煌びやかで荘厳な棺なのに……」

レイチェル「煌びやかで荘厳?」

 

f:id:sims7days:20200902014149j:plain

レイチェル「……少し興味が湧いたわ」

 

 

 

 

 

f:id:sims7days:20200902014153j:plain

イヴ「お姉様、寝心地はいかが?」

 

f:id:sims7days:20200902014157j:plain

レイチェル「悪くないわね」

イヴ「良かった……」

 

f:id:sims7days:20200902014201j:plain

イヴ「それなら、永遠にこちらで過ごしてはいかが?」

 

 

 ガチャ

 

f:id:sims7days:20200902014204j:plain

レイチェル「え?ちょっとイヴ、どういうつもり!?すぐに開けなさい!」

 

f:id:sims7days:20200902014208j:plain

イヴ「……」

レイチェル「あぁ、そう。良いわよ、こんな棺私の力で壊して……え?」

 

f:id:sims7days:20200902014213j:plain

レイチェル「どういうこと?どうして力が使えないのよ!?」

イヴ「お姉様、気に入ったかしら?」

 

f:id:sims7days:20200902014217j:plain

イヴ「その横暴な態度と口を封じることのできる、正にお姉様に相応しい棺よ」

レイチェル「ふざけるんじゃないわよ!今すぐに開けなければ、後でひどい目に……」

 

 

 

f:id:sims7days:20200902014220j:plain

ジュリアン「棺から出られないのに、どうやってひどい目に遭わせるっていうの?」

 

f:id:sims7days:20200902014224j:plain

レイチェル「その声……ジュリアン?どうしてここに……?」

 

f:id:sims7days:20200902014228j:plain

レイチェル「ちょうど良かった、さっさとここから出して頂戴」

ジュリアン「あのさ、今まで従順だったイヴが、急にこんなことをすると思う?」

 

f:id:sims7days:20200902014231j:plain

レイチェル「え?まさか、あんた……」

イヴ「……」

 

f:id:sims7days:20200902014235j:plain

イヴ「地下に呼び出して棺に閉じ込めるのが、頭を使った作戦?」

 

f:id:sims7days:20200902014239j:plain

ジュリアン「こういう単純な奴には、単純な方法が一番なんだよ。現に上手くいったでしょう?」

イヴ「……」

 

f:id:sims7days:20200902014243j:plain

レイチェル「ジュリアン!聞いているの?母親にこんな仕打ちをして、ただで済むと思わないでよ」

 

f:id:sims7days:20200902014247j:plain

ジュリアン「母親?そうだったんだ。母親らしいことなんて何一つしてもらったことがないから、気づかなかった」

 

f:id:sims7days:20200902014251j:plain

レイチェル「あんたのことを産んでやったのに、なんて恩知らずなの!?」

ジュリアン「あぁ、そう。俺だって、産んでくれなんてお願いしてないよ」

 

f:id:sims7days:20200902014255j:plain

レイチェル「肝心な時に姿を消して……ゴールド家の当主にもなれなければ、母親にこの仕打ち?」

 

f:id:sims7days:20200902014259j:plain

レイチェル「あんたなんか産まなければ良かった!ここから出たらすぐに消してやるから!!」

 

f:id:sims7days:20200902014304j:plain

ジュリアン「……俺だって、もっとまともな母親が欲しかったよ」

 

f:id:sims7days:20200902014307j:plain

イヴ「……」

 

 

 

f:id:sims7days:20200902014311j:plain

ジュリアン「一応俺はあんたの息子ってことになっている。ということは、この家は俺に受け継ぐ権利があるってことでしょう?」

レイチェル「……何が言いたいのよ?」

 

f:id:sims7days:20200902014315j:plain

ジュリアン「この家をもらったら、どうしようかな?古臭いインテリアを一掃して、寝室も改装しないと。あぁ……ダメだ」

 

f:id:sims7days:20200902014320j:plain

ジュリアン「そういえば俺、今はゴールド家の後継者候補なんだった。ここに住むわけにはいかないか」

 

f:id:sims7days:20200902014324j:plain

レイチェル「後継者って……どういうこと?」

 

f:id:sims7days:20200902014328j:plain

ジュリアン「アレクシス・ゴールドから正式に指名されたんだよ。ゴールド家の次期当主にね」

レイチェル「何ですって……?」

 

f:id:sims7days:20200902014333j:plain

ジュリアン「バカだね。息子として可愛がっておけば、もしかしたらゴールド家当主の母親になれたかもしれないのに」

 

f:id:sims7days:20200902014338j:plain

ジュリアン「本当、哀れな女」

 

f:id:sims7days:20200902014342j:plain

レイチェル「ジュリアン、あんた今更……」

ジュリアン「そうだ、ここは博物館にしよう。レッド家の歴史を残すんだ」

 

f:id:sims7days:20200902014347j:plain

ジュリアン「地下を丸ごと埋め立ててね」

レイチェル「まさか……」

 

f:id:sims7days:20200902014351j:plain

ジュリアン「散々、華やかな世界を見て来て疲れたでしょう?この誰も来ない真っ暗な地下でゆっくり休んでよ、母さん」

 

f:id:sims7days:20200902014355j:plain

ジュリアン「俺ってなんて親孝行なんだろう」

レイチェル「待ちなさい、ジュリアン!ジュリアン!!」

 

f:id:sims7days:20200902014359j:plain

ジュリアン「さようなら、母さん。永遠に」

 

f:id:sims7days:20200902014403j:plain

レイチェル「ジュリアン!!」

 

 

 

 

 

f:id:sims7days:20200902014406j:plain

イヴ「……」

 

f:id:sims7days:20200902014410j:plain

ジュリアン「何してるの?行くよ、イヴ」

 

f:id:sims7days:20200902014415j:plain

イヴ「本当に博物館にするつもり?」

ジュリアン「さぁね。少なくとも地下は、ニンニク敷き詰めてコンクリートで埋め立てる予定」

 

f:id:sims7days:20200902014419j:plain

イヴ「……」

 

f:id:sims7days:20200902014423j:plain

イヴ「これで、レッド家の歴史も終わりね」

ジュリアン「レッド家なんてなくても良いでしょう?」

 

f:id:sims7days:20200902014427j:plain

ジュリアン「俺たちには、帰る家がある」

 

f:id:sims7days:20200902014431j:plain

イヴ「……」

 

f:id:sims7days:20200902014435j:plain

イヴ「そうね」

 

 

----------------------------------------

釣り堀の魚より簡単に釣れるレイチェル。

 

にほんブログ村 ゲームブログ ザ・シムズシリーズへ

やる気スイッチです。応援よろしくお願いしますm(__)m