Sims 7 days

PC版『The Sims4』の創作Blogです。4つの世帯を中心に、オリジナルストーリーを展開中。※一部BL要素を含みます。

MENU

【Sims4】#62 結婚の意義【Season 2】

f:id:sims7days:20200910022213j:plain
価値観は、意味付けによって大きく左右される。

 

 Season 1のまとめは、こちら。 

 Season 2の第1話は、こちら。 

 

 

f:id:sims7days:20200910021910j:plain

セシル「地下なんて、息が詰まると思っていたが……」

 

f:id:sims7days:20200910021914j:plain

セシル「案外、居心地が良いな」

ケヴィン「だろう?」

 

f:id:sims7days:20200910021918j:plain

ケヴィン「滅多に人が来ないから、仕事にも集中できる」

セシル「……誰か来ることもあるのか?」

 

f:id:sims7days:20200910021922j:plain

ケヴィン「左の部屋は、ジュリアンが寝室にしているし」

 

f:id:sims7days:20200910021925j:plain

ケヴィン「右の部屋は、ローズがクローゼット代わりに使ってる」

 

f:id:sims7days:20200910021930j:plain

セシル「あいつら、いつの間に……」

ケヴィン「そうそう、テディもよく遊びに来るな」

 

f:id:sims7days:20200910021935j:plain

セシル「俺よりもテディの方が、この家に詳しそうだ」

ケヴィン「そうかも知れないな」

 

f:id:sims7days:20200910021939j:plain

セシル「仕事、忙しいのか?」

ケヴィン「いや……」

 

f:id:sims7days:20200910021943j:plain

ケヴィン「個人展の話が来ていたり、絵画の注文を受けていたりするけど……お前ほど忙しいわけじゃない」

 

f:id:sims7days:20200910021947j:plain

セシル「……年末から仕事続きで悪かった」

ケヴィン「平気だ。ここでの生活にもすっかり慣れた」

 

f:id:sims7days:20200910021951j:plain

セシル「……」

 

 

 

f:id:sims7days:20200910021954j:plain

セシル「なぁ、ケヴィン」

ケヴィン「ん?」

 

f:id:sims7days:20200910021958j:plain

セシル「結婚しないとは言ったが、決してお前を軽んじているわけではない」

ケヴィン「……」

 

f:id:sims7days:20200910022002j:plain

セシル「結婚は、俺たち二人だけの問題じゃない。俺と結婚するということは、ゴールド家の人間になるということだ」

 

f:id:sims7days:20200910022006j:plain

セシル「子供の頃からこの家を見て来たお前なら、その意味がわかるだろう?」

ケヴィン「それでも、俺は……」

 

f:id:sims7days:20200910022010j:plain

セシル「恋人のままでいれば、お前は自由でいられる。でも結婚してしまえば、逃げることもできなくなる」

 

f:id:sims7days:20200910022014j:plain

ケヴィン「逃げるって……どこへ?」

 

f:id:sims7days:20200910022019j:plain

ケヴィン「俺の居場所は、お前の隣だけだ」

セシル「ケヴィン……」

 

f:id:sims7days:20200910022023j:plain

セシル「お前の気持ちは嬉しいが、この家に入って深く関わることになれば、いずれ逃げ出したくもなる」

 

f:id:sims7days:20200910022027j:plain

セシル「実際、俺だって逃げ出したしな」

ケヴィン「……」

 

f:id:sims7days:20200910022030j:plain

ケヴィン「不安なんだ」

セシル「え?」

 

f:id:sims7days:20200910022035j:plain

ケヴィン「俺は、クリスのように仕事の話ができるわけではないし、ワイアットのようにゴールド家のことを知っているわけでもない」

 

f:id:sims7days:20200910022039j:plain

ケヴィン「時々、自分の存在意義がわからなくなる」

 

f:id:sims7days:20200910022044j:plain

ケヴィン「この家では、みんな俺に親切にしてくれるけど……そんな扱いを受ける資格なんて、ないんじゃないかって」

 

f:id:sims7days:20200910022048j:plain

セシル「……お前がそんな風に思っていたなんて、知らなかった」

 

f:id:sims7days:20200910022051j:plain

ケヴィン「セシルは恋人だし、親友だ。対等でいたいと思っている。でも……」

 

f:id:sims7days:20200910022055j:plain

ケヴィン「お前はどんどん大きな存在になっていくのに、俺は何も変わらないままだ」

 

f:id:sims7days:20200910022059j:plain

ケヴィン「このままだと、そのうちお前との仲も壊れそうで、たまらなく不安になる」

 

f:id:sims7days:20200910022103j:plain

ケヴィン「セシルには、結婚なんてつまらない肩書き程度にしか思えないかも知れない。でも俺にとっては、唯一お前とのつながりを実感できる、大切な証なんだ」

 

f:id:sims7days:20200910022108j:plain

セシル「……そういう考え方もあるんだな」

 

f:id:sims7days:20200910022112j:plain

セシル「俺は、元々結婚に対して、良い印象を持っていなかった」

 

f:id:sims7days:20200910022116j:plain

セシル「ゴールド家にとって結婚は『戦略の一つ』でしかないからな」

 

f:id:sims7days:20200910022120j:plain

セシル「俺の母親は、親父と結婚しなかった。それでも、亡くなる直前までとても幸せそうだった。だから……」

 

f:id:sims7days:20200910022124j:plain

セシル「結婚なんてしなくても、お前とは上手くやれると思っていたんだ。むしろ結婚なんてしない方が、俺たちの仲を良好に保てると思っていた」

 

f:id:sims7days:20200910022127j:plain

セシル「でも……そうだな。結婚でお前が安心できるというなら、それも悪くないかも知れないな」

ケヴィン「セシル……」

 

f:id:sims7days:20200910022131j:plain

ケヴィン「俺と結婚すれば、クロエとエマが正式にお前の娘になるぞ」

 

f:id:sims7days:20200910022135j:plain

セシル「俺はもう、自分の娘だと思っている」

ケヴィン「そうだな」

 

 

 

f:id:sims7days:20200910022139j:plain

セシル「結婚しても良いが、一つ問題がある」

ケヴィン「何だ?」

 

f:id:sims7days:20200910022143j:plain

セシル「お前には、花婿修行を受けてもらう必要がある」

ケヴィン「花婿修行?」

 

f:id:sims7days:20200910022147j:plain

セシル「普通は花嫁修行だけどな。ゴールド家の歴史やしきたり、マナーについて学ばなければならない」

 

f:id:sims7days:20200910022151j:plain

セシル「ちなみに指導担当者は、ワイアットだ」

 

f:id:sims7days:20200910022156j:plain

セシル「お前に耐えられるか?」

ケヴィン「……」

 

f:id:sims7days:20200910022159j:plain

ケヴィン「……マリアにチェンジしてもらえないのか?」

セシル「ダメだ。ワイアットほどゴールド家のしきたりに精通している者はいないし、ゴールド家当主の伴侶になるには、執事長の承認を得なければならない」

 

f:id:sims7days:20200910022203j:plain

セシル「これが、ゴールド家だ」

ケヴィン「……」

 

f:id:sims7days:20200910022208j:plain

ケヴィン「……頑張ります」

 

 

----------------------------------------

テディが階段を使う度に、ケガをしないか心配です。

 

にほんブログ村 ゲームブログ ザ・シムズシリーズへ

やる気スイッチです。応援よろしくお願いしますm(__)m