Sims 7 days

PC版『The Sims4』の創作Blogです。4つの世帯を中心に、オリジナルストーリーを展開中。※一部BL要素を含みます。

MENU

【Sims4】#7 二つの改革【Season 2】

f:id:sims7days:20200717162803j:plain
組織は、綺麗事だけでは成り立たないーー

 

 Season 1のまとめは、こちら。 

 Season 2の第1話は、こちら。 

 

 

f:id:sims7days:20200717162518j:plain

ビクトリア「失礼します」

 

f:id:sims7days:20200717162522j:plain

セシル「お前は……」

 

f:id:sims7days:20200717162526j:plain

ビクトリア「本社CEOのビクトリア・スカーレットと申します」

 

f:id:sims7days:20200717162529j:plain

セシル「あぁ……営業課にいた奴か」

ビクトリア「私のことを覚えておいでですか?」

 

f:id:sims7days:20200717162534j:plain

セシル「やたら威勢の良い女性社員がいたことは覚えている。社長に就任とは、大したものだな」

 

f:id:sims7days:20200717162537j:plain

ビクトリア「……全て、アレクサンダー様のおかげです」

 

f:id:sims7days:20200717162542j:plain

ビクトリア「お父様のこと、心からお悔やみ申し上げます。恩返しもできないまま亡くなられてしまい、残念でなりません」

 

f:id:sims7days:20200717162546j:plain

セシル「悔やんでいても仕方がない。恩返しがしたければ、会社の経営に集中してくれ」

ビクトリア「そうするつもりです」

 

f:id:sims7days:20200717162551j:plain

ビクトリア「今は葬儀の準備中ですか?」

セシル「あぁ……と言っても、実際に動いているのは家の者だけどな」

 

f:id:sims7days:20200717162555j:plain

ビクトリア「アレクシス様。お時間があるようなら、今のうちに『秘書』を決めてはいかがですか?」

セシル「秘書?」

 

f:id:sims7days:20200717162559j:plain

ビクトリア「はい。今後は仕事でもプライベートでも、多忙を極めることになるでしょう。専属の秘書が必要です」

セシル「……そうだな」

 

f:id:sims7days:20200717162603j:plain

ビクトリア「一度、本社にお越しください。現在の様子を見ていただきたいですし、良い気晴らしにもなるはずです」

 

f:id:sims7days:20200717162607j:plain

セシル「ビクトリア、反ゴールド同盟の息がかかっていない社員を選べるか?」

 

f:id:sims7days:20200717162610j:plain

ビクトリア「何人か、信頼のおける優秀な社員がいます。秘書にふさわしい人材を選んでおきますので、ご自分の目で選出なさってください」

 

f:id:sims7days:20200717162614j:plain

セシル「わかった。明日の朝、顔を出そう」

 

f:id:sims7days:20200717162618j:plain

セシル「上層部には、葬儀の後に改めて挨拶する」

ビクトリア「はい。明日は、内密に必要な人材だけを集めます」

 

f:id:sims7days:20200717162622j:plain

セシル「頼んだぞ」

ビクトリア「かしこまりました」

 

 

 

 

 

f:id:sims7days:20200717162627j:plain

セシル(まずは『反ゴールド同盟』とやらの炙り出しが必要だな)

 

f:id:sims7days:20200717162632j:plain

セシル(財閥もこの家も……信頼できるメンバーを集めて、古い体制を変えなければならない)

 

f:id:sims7days:20200717162636j:plain

セシル(やることが山積みだ。当分、ケヴィンとはゆっくり過ごせそうにないな……)

 

f:id:sims7days:20200717162640j:plain

セシル「……」

 

f:id:sims7days:20200717162644j:plain

セシル「さっきから何なんだよ、暇なのか?」

 

f:id:sims7days:20200717162648j:plain

マリア「アレクシス様がいなくならないように、見張っています」

 

f:id:sims7days:20200717162652j:plain

セシル「あのな……俺はこの家を継ぐと宣言したんだぞ?いなくなるわけないだろう?」

 

f:id:sims7days:20200717162656j:plain

マリア「ジュリアン様の一件もあるので」

セシル(完全に人間不信だな……)

 

f:id:sims7days:20200717162701j:plain

セシル「お前ら俺がいなくなって大騒ぎしていたらしいけど、俺は断じて『失踪』なんてしてないからな」

マリア「どういうことですか?」

 

f:id:sims7days:20200717162705j:plain

セシル「大学を出るまで会社を手伝う代わりに、卒業後は好きにして良いって親父から言われていたんだよ」

 

f:id:sims7days:20200717162709j:plain

マリア「アレクサンダー様とどのような約束していようと、私に黙って姿を消したんです。立派な失踪ですよ」

 

f:id:sims7days:20200717162712j:plain

セシル「……謝っただろう?」

 

f:id:sims7days:20200717162717j:plain

マリア「まだ許していません」

セシル「……」

 

 

 

f:id:sims7days:20200717162720j:plain

セシル「ジュリアンは、まだ見つからないのか?」

マリア「……はい。護衛係が捜索中です」

 

f:id:sims7days:20200717162724j:plain

セシル「リックの奴、俺のことは簡単に捜し出すくせに……何を手こずっているんだ?」

 

f:id:sims7days:20200717162730j:plain

マリア「アレクシス様は、よく幼馴染のケヴィン様と家を抜け出しては、連れ戻されていましたものね」

セシル「……」

 

f:id:sims7days:20200717162734j:plain

セシル(ジュリアンの奴……こんな時に、どこで何をしているんだ?)

 

 

 

 

 

f:id:sims7days:20200717162739j:plain

ジュリアン「お兄さん」

 

f:id:sims7days:20200717162743j:plain

ジュリアン「あんたゴールド家の親族なんでしょう?」

 

f:id:sims7days:20200717162747j:plain

男性「何の話だ?そんな家、知らな……」

 

f:id:sims7days:20200717162751j:plain

ジュリアン「俺も『反ゴールド同盟』の一員なんだ。よかったら協力しない?

 

f:id:sims7days:20200717162755j:plain

男性「……」

 

f:id:sims7days:20200717162759j:plain

男性「話を聞こうーー」



----------------------------------------

マリアは、一度カウンセリングを受けるべき。

  

にほんブログ村 ゲームブログ ザ・シムズシリーズへ

やる気スイッチです。応援よろしくお願いしますm(__)m